選手名鑑

髙橋 朋己(西濃運輸)

髙橋 朋己

髙橋 朋己

所属チーム:
西濃運輸
所属都市:
大垣市
球歴:
加藤学園岐阜聖徳学園
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
174cm
体重:
75kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
    鮮烈な都市対抗デビューを果たした。気迫を全面に出し、左サイドから威力抜群のストレートを投げ込むのが高橋 知己だ。彼は都市対抗予選では3イニングを投げて奪三振9。つまりアウトは振り逃げがなければアウトはすべて三振を取っている計算になる! 三振が奪える左サイドハンドとして希少価値が高い。

    西濃運輸は選手の入れ替えが早いことで有名な企業だ。芽が出ないと判断されれば、2年目で勇退となるシビアなチームだ。投手陣は大きく刷新され、11人から6人に減った。再び新入社員により増えていくが、ここまで刷新される編成も珍しい。ある意味、彼も結果を残せなければ上がり(引退)になる可能性も否定できない。そういう重圧・切迫感が彼を大きくしてくれるのではないかと期待している。

    (投球スタイル)
    ストレート マックス142キロ
    常時135キロ~140キロ
    スライダー 125キロ前後
    力強い腕の振りから繰り出すストレートは球威抜群。左サイドにしては腕の振りと上体の強さで投げていく投手であり、プロで活躍する左サイドのような体を沈みこませて、出所の見難さを活かした左腕ではない。130キロ後半にして、非常に球威があるので、最速は145キロ前後を出していても不思議ではない。ストレートの威力に関してはドラフト候補クラスに達していると評価する。ただ制球力はアバウトで、今はひたすら直球を投げていくスタイルだ。

    変化球はスライダーのみ確認。ストライクゾーンからボールに離れていく球筋で、空振りを誘っていくが、際立った切れではない。

    (クイックタイム・フィールディング・牽制)
    クイックは1.3秒台とあまり早くはない。フィールディングの動きは悪くないが、ベースカバーでミスがあったのが残念。牽制はそれほど入れる投手には見えなかった。

    (配球)
    プレートの真ん中に立つ。
    ・右打者
    右打者には外角中心に投げ分ける配球。左サイドの特有のクロスファイヤーを投げる割合は少なかった。ストレートは内外の投げ分けは出来ているが、それ以外の変化球を混ぜる割合が少なく、直球待ちの打者にとっては絞りやすいのではないだろうか。プロの右打者を抑えるにはスクリュー、シュートといった逆方向の変化球がほしいところだ。
    ・左打者
    左サイド特有の対角線を活かした球筋が彼の売りだ。左サイド特有の球筋と球威抜群の直球が合わさり、打ち難さを感じる。ただ彼は投げ方上、インサイドを集めるのは難しく、外角一辺倒になりやすく、踏み込みやすい危うさもある。

    (投球フォーム)
     冒頭で述べたとおり、彼は沈み込んで、体のバネを活かして投げるサイドハンドではなく、体の強さで腕を強く振ることを意識したサイドハンドであると思う。
     
    セットポジションから始動する。右足を勢いよく上げていき、左足は一本足で立つ。右足の膝の上は適度に曲げてバランス良く立つことが出来ている。足上げの形は良い。

    右足を二塁方向へ送り込んでいき、重心を下げていく。着地の動きが普通の投手と異なっていて、多くの投手は開きを抑えることを意識して、インステップする投手が多いのだが、彼はあえてアウトステップする。そのため右肩の開きも早くなってしまい、そこまで出所を隠すことを意識しているわけではないと思う。ただ前膝の送りは良く、ロスのない体重移動を意識してのことであると思う。

    テークバックは内旋していき、しっかりとトップを作り、リリースにしていく。彼は肘が肩よりも上がった状態から振り出す。そのためサイドよりもスリークォーターにも見える。
    前で離す意識が見られ、しっかりと力を伝えることが出来ており、最後のフィニッシュまで力が逃げずに放出出来ているといえるだろう。
    将来の可能性
     左サイトして常時140キロを投げ込むスピード能力。マウンド上の気の強さもリリーフ向きで、左のリリーフ候補としてはチェックに入れておきたいと思わせる投手だ。ただコントロールがアバウトな点、球種が少ないのを考えると、まだプロを想定すると苦しむ感じがする。逆方向の変化球で目線をずらして、チェンジアップを習得して、タイミングを狂わす変化球を習得して、投球の幅を広げていかないと指名はまだ早い投手ではないだろうか。面白い存在だが、ここからは周囲の予想を上回る成長を見せない限り、今のポジションを考えると名前は上がってこない投手ではないだろうか。

     今年は勝負の一年。生き残るには何が必要かを考え、自分の投球の幅を広げていき、飛躍を遂げてくれることを期待したい。
    情報提供・文:2011.12.04 河嶋 宗一

コメントを投稿する