選手名鑑

長谷川 雄一(ヤマハ)

長谷川 雄一

長谷川 雄一

所属チーム:
ヤマハ
所属都市:
浜松市
球歴:
済美 – 近大
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
177cm
体重:
80kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     大学時代は内外野を守れるユーナリティ性とミートセンスのある打撃が売りのプレーヤー。世界大学選手権では俊足・強肩・巧打を披露し、伊志嶺翔大(東海大―ロッテ)に次ぐ9安打を放ち、印象的な活躍を見せた。社会人一年目から即戦力として活躍を見せている。

    (打撃)

    都市対抗では初戦で猛打賞・決勝打。二回戦では西武一位指名された十亀 剣から何球も粘り、インコースへ食い込む直球を見事に打ち返し、タイムリーヒット。印象的な活躍を見せてくれた。 

    スタンスはオープンスタンス。グリップは肩の位置に置いてバットを寝かせて、膝を曲げて構えている。バランスよく構えることができており、無駄な力が入っていない構えといえる。

    投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、足を高く上げて真っ直ぐ踏み込んで打ちにいく。始動を速めに仕掛け、しっかりとタイミングを図り柔軟に対応していく。トップの動きを見ていくとグリップは以前よりもグリップが入りすぎることは少なくなり、インコースの捌きは窮屈ではない。インパクトまでロスのないスイングが出来ており、腕の使い方が上手い選手である。股関節を柔軟に使うことができており、低めの球にも対応ができているし、そして目線の位置がぶれない事によって的確にミートすることができている。
     
    (走塁・守備)

    塁間タイムは4.00秒~4.30秒前後と右打者としてはかなり速いタイム。走塁も上手く、無駄のない走塁を見せている。

    外野守備について。打球に対する反応は良く、到達するのも早い。ポジショニングも良く、しっかりと考えて守っている。地肩は強く、ダイレクトの返球を見せることも少なくない。外野守備が鍛えられているヤマハ外野陣にいきなりセンターを任されるのだから、守備力はかなり高いレベルに達しているといえるだろう。
    将来の可能性
    大学時代には確実性の高い打撃、ハイレベルな外野守備、俊足ぶりを高く評価した選手だが、社会人では自分の実力を発揮し、中心選手として活躍を見せている。ただでは斗荒れない粘り強さを持った選手であり、まさに実戦タイプの外野手。

    彼のようなタイプの外野手がプロのスカウトにどこまで評価を受けるかは分からないが、二年目では更に攻守のレベルを引き上げ、印象的な活躍を見せてほしい。
    情報提供・文:2012.01.06 河嶋 宗一

コメントを投稿する