選手名鑑

大場 達也(日立製作所)

大場 達也

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

大場 達也

所属チーム:
日立製作所
所属都市:
日立市
球歴:
市立川崎 – 鶴見大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
183cm
体重:
75kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     駒大苫小牧の監督として二度の優勝の甲子園優勝歴がある香田誉士史コーチの出会いがなければ、彼は野球選手を続けていなかったかもしれない。
     日立製作所に所属する大場 達也は野球とバイトを掛け持ちする普通の青年だった。素質はあったが、意識が低く、このまま埋もれていてもおかしくはなかった。しかし香田コーチから繰り返し叱咤激励を受け、野球に対する取り組みを変えて、目覚ましい成長を見せ、今や日立製作所のクローザーとして期待される投手になった。
     彼ような素材を目覚めさせた香田コーチは改めて尊い指導者であると思う。大場達也はドラフト解禁を迎える社会人投手の中では力のあるストレートを投じる本格派ではあるが、荒削りさと制球力の粗さはあまり変わっていない。彼のようなタイプ、投球フォームからして緻密な制球力を期待するのは難しい。パワーピッチャーとして他の力のあるストレートを投げる投手より差別化出来る内容を示すことが指名の鍵となっていくのではないだろうか。

    (投球スタイル)
    ストレート マックス146キロ
    常時140~145キロ
    スライダー 130キロ前後
    フォーク  130キロ前後
    チェンジアップ 120キロ前後
     都市対抗では146キロを計測。そのほかの試合でも最速145キロ~148キロをマークしており、速球の威力は解禁組の社会人ではトップクラスといえるだろう。コントロール自体は粗削り。その点は大学時代から変わっていない。コンスタントに145キロのストレートを投じる能力はあり、既にチームのクローザー的役割をこなしているようだ。前よりもフォームは

     変化球はスライダー、フォーク、チェンジアップ系統の変化球を投げ込んでいる。上から振り下ろすフォームから投じるフォークの落差は中々のもの。フォークを磨いて、ウイニングショットとして見出していきたい。チェンジアップは緩く大きく落ちるもので、これも武器にしていってほしいと思う。彼は縦変化をマスターすることが三振奪取率を上げることになっていくだろう。


     大学時代と変わらず勢いに任せて投げており、しっかり投球を組み立てて抑えていく感じはまだしない。都市対抗ということもあって、かなり緊張しているのか、まだ自分の実力のすべてを発揮することが出来ておらず、メンタル面の強さは感じない。技術的にも、精神的にも、ドラフト候補として値する投手になるまでには時間がかかる印象を受ける。

    (投球フォーム)
     コントロールが粗いというイメージがあったので、フォームは大学時代とあまり変わりないと思っていたが、マイナーチェンジした箇所はあった。

     ノーワインドアップから入っていき、しっかりと軸足で立ち、左足をそれから三塁方向に足を伸ばしておろしていく。お尻はマウンド方向にあまり落ちず、着地のタイミングも早いので、体重移動や下半身を重点的に置いたフォームではない。そのためカーブは習得しづらいフォームで、スライダー、フォークを頼るフォームになる。

     以前は角度を付けるために左腕のグラブを突き上げて、テークバックを大きく取り、かなり負担の大きいフォームであった。今では制球力を意識して、グラブを真っすぐ向けて正対するようになった。それでもテークバックは以前よりも背中側まで入るようなテークバックはせず、内旋するようになった。オーバーハンドから振り抜く。上から鋭く振り下ろすことが出来ているが、球離れ自体は早く、接地自体が早く、下半身の力が伝わりにくいのではないだろうか。

     最後にフィニッシュでは体が流れることは少なくなったが、ぐっと体重が乗った体重移動は少ない。荒削りな投球フォームで、ピタッとフォームのバランスが整った時は素晴らしいボールが決まっていくが、まだフォームのバランスが悪く、しっかりと軸足に体重が乗らないまま投げてしまっており、下でしっかりと支え切れず、リリースの粘りがない。

     全体的に荒削りなフォームで、まだ時間のかかる素材のようだ。
    将来の可能性
     フォーム技術、投球の組み立てが荒削りなので、何かきっかけを掴んでいかなければ大きく変わっていくことは難しい。プロから注目されている投手だったとはいえ、チームではクローザー、補強選手として都市対抗に2試合登板したことはある程度、手ごたえを掴んだシーズンといえる。

     冒頭で述べたとおり、コントロールが粗い右のパワーピッチャーは何か差別化出来る武器がなければ見送りにされることが予想される。彼はリリーフとして投げているので、アピール出来る機会は少ない。ここから評価を高めるには
    ・先発で投げられるためにコントロールを磨き直す
    ・先発で投げられるために変化球の切れを磨いていく
    ・フォーク、チェンジアップの縦系の変化球をウイニングショットとして見出すこと

     3点だろう。先ほども述べたとおり、彼のようなフォームからコントロールを磨き直すことは大変だ。上下動が大きいフォームなので、徐々に修正を加えていけばいい。社会人野球で先発として試合を作れる投手は球の速さよりも制球力・変化球、投球の組み立てが上手い投手。スケールを落としてまでそこまでの投手になる必要はないが、ストレートは両サイド・変化球をストライクに入れられるコントロールは欲しい。

     即戦力として活躍出来る投手になるまで恐らくこの一年では無理かもしれない。この二年目は昨年よりも成長した姿を見せて、伸びシロを感じさせる内容を示してもらいたい。
    情報提供・文:2012.01.12 河嶋 宗一

コメントを投稿する