選手名鑑

北原 郷大(JX-ENEOS)

北原 郷大

北原 郷大

所属チーム:
JX-ENEOS
所属都市:
横浜市
球歴:
穴吹,亜細亜大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
179cm
体重:
83kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     右サイドから145キロ級の速球を投じる速球派サイドハンドだ。ただ課題は細かな制球力に欠けること。ストライクが取れないので、ピッチングの組み立てが出来ないことが多かった。その課題を踏まえてか、今年の北原はその課題を克服するために腕の位置を少しだけ上げていた。昨年より内容は向上しているが、決め手が一歩欠く状態。都市対抗の登板でアピールすることが出来るか。
    (投球内容)
    ストレート 145キロ
    常時140キロ~140キロ中盤
    スライダー 120キロ前後
    シュート  140キロ前後

     右サイドから投じるストレートは常時140キロ台を計測する。ストレートには重みがあり、ドラフト候補として申し分ないストレート。好調時でコントロールを気にしなければ、150キロ前後は投げられるポテンシャルは秘めていそうだ。

     プロでは高めに抜けた150キロではなく、140キロ中盤のストレートを内外角にしっかりと投げ分けるコントロールがとても重要。前よりも内外角の投げ分けは出来るようになっている。

     変化球はスライダー、シュートの2種類。スライダーは小さく曲がる。スライダーのコントロール、キレは平均的で、決め球とは言いにくい。プロと対すると決め球にはなりにくく、持ち球がストレートしかないということも否定できない。他にはシュート系統の変化球を投げているが、まだ自信を持って投げてはいない。145キロ前後の速球と横の変化しかないので、シンカー、チェンジアップなり創意工夫しながら、投球の幅を広げていくことが出来るか注目してみたい。

     もう一つのチェックポイントはランナーを置いてからのピッチング。どの世界でもそうだが、信頼出来る投手はランナーが出ても、二塁走者をマークした上で、打者と勝負して抑え込む。実戦的なピッチングが出来るか。スポニチ・予選の投球を見て、そこまでのピッチングは出来るかはイマイチ分からなかった。ポテンシャルとしては申し分ないが、本戦では厳しい局面を切り抜けるピッチングを見てみたい。

    (投球フォーム)
     去年まではリリース時に肘が下がった状態で投げていた。肘が立たない状態で投げてしいるので、スピードが出ていても制御出来ないので、制球が定まらなかった。

     制球力向上の為、今年はリリース時に肘の位置を上げた。それによって、始動からフィニッシュに入るまでの引っかかりがなく、良い感覚でボールを投げることが出来ているので、コントロールは安定してきた。

     ただ我武者羅にアンダー気味の腕の振りで伸びのある球をイメージしながら投げていた頃よりも安心して見られるようになってきた。リリースのポイントがしっかりしているので、変化球のキレ、コントロールも改善されてきた。
    将来の可能性
     投球フォーム改造により、自分のリリースポイントを掴めたことによって、少しずつ余裕のあるピッチングは出来るようになってきた。昨年は「経験」であったが、今年は「戦力」として投入しているのが良く分かる。力量的には昨年指名された社会人の投手と比較しても見劣るものはない。即ローテーションに入れる投手ではないが、右の中継ぎ投手候補として都市対抗で確認しておきたい一人に入っている。

    本戦まで好調を維持し、ピンチの場面でも打者と向き合って打者を抑え込み、勝利に貢献出来るピッチングを望んでいる。局面で抑えられるピッチャーこそ勝ち残れるのだ。
    情報提供・文:2012.07.07 河嶋 宗一
  • 寸評
     亜細亜大学時代は東浜の陰に隠れながらも150キロを超える速球を投じる右サイドハンド。最終学年で伸び悩み、卒業後は名門・ENEOSに入社したのは驚きであった。しかし彼に対する期待は高く、スポニチ大会や神奈川大学リーグ選抜対抗戦で、彼の登板を見てきた。未だ粗さは残しているが、同じく荒削りな十亀剣も昨年で急成長を見せたので、彼もそれに続く投手になってほしいという思いがある。

    (投球スタイル)
    ストレート 146キロ
    常時140キロ~145キロ
    スライダー 125キロ前後
    チェンジアップ 120キロ前後
     右サイドから投げ込む直球は常時140キロ~147キロを計測。直球の威力は中々のものがあり、芯に当てることができなければ、簡単にバットが折れてしまう球威を誇る。ただコントロールはアバウトで、狙って投げることはできない。

     変化球はスライダー、チェンジアップを投げているが、カウントを取れるのはスライダーのみで、武器になる変化球ではない。今年は昨年に比べて変化球の切れを向上させることが出来るか。

    (クイックタイム・フィールディング)
    クイックタイムは1.1秒~1.2秒前後を計測。素早いクイックは出来ているが、クイックで投げている時のコントロールはそれほど良くない。フィールディングの動きもまだ鈍く、いろいろと鍛え直す必要がありそうだ。

    (投球フォーム)
     
     ランナーがいなくてもセットポジションに入る。左足を巻き込むように上げていくトルネード。これで捻りを入れている。捻りを入れると踏み込み足の膝が開くやすく、力が逃げやすい。

     左足の膝の関節を伸ばしながら、踵から着地する。恐らく腕を振りやすくするために左腕のグラブを下向きに伸ばして、腰の切り返しと共に腕を鋭く振っていくフォーム。ただ左肩の開きが早く、出所が早くなってしまい、145キロ前後の速球を投げていても、その威力を発揮することが出来ていない。彼は伸びあがるストレートを投げることを理想としているのか、体を沈みこんで、アンダー気味に振り抜く傾向がある。リリース時に肘が下がってしまい、あまり良い傾向とはいえない。個人的にはもう少し肘の位置を上げてもいいと思っている。今はサイドで140キロ台後半の速球を投げて指名される時代ではなくなっている。145キロ前後を投げる速球が維持しつつ、多彩な変化球をコントロール良く投げられる腕の位置、体の使い方を模索するべきかもしれない。
    将来の可能性
     大学時代から投球スタイルは変わっていない。技術的な課題も変わっていない。正直このままではドラフト戦線に挙がることもないまま、ただ球の速い右サイドハンドとして終わる可能性が高い。

     ここまできたら覚悟を決めて、思い切りスタイル、投球フォームを変えてしまう手もありである。なぜなら今のフォームで彼の能力をすべて引き出しているようには見えないからだ。公式戦では昨年とは違う姿を見せることが出来るか、注目してみたい。
    情報提供・文:2012.01.14 河嶋 宗一
コメント (3)
目指せプロ2013.10.23 ゆーみ
高校の大先輩で同じ美馬市出身らしんで、是非プロに行って活躍されて欲しいです!
スポニチ大会2013.05.28 Y.N
スポニチ大会で彼のピッチングを、バックネット裏から見たのですが。
スライダーの曲がりはかなり鋭い物でした。
全体的な印象は、勝手なことを言わせてもらえば、現状ではあまり自己主張が無いな、という印象でした。
もしかすると、役割や、目標がはっきりしていないのではないでしょうか?
彼は見ていて面白い選手です。リーグはどこにいても、がんばってほしい!!
北原さん!!!!2012.11.11 ttttttttt
 ドラフト直後のTVで、見ました!!!
らいねんは、プロになってください

コメントを投稿する