選手名鑑

越前 一樹(NTT東日本)

越前 一樹

越前 一樹

所属チーム:
NTT東日本
所属都市:
東京都
球歴:
横浜 – 立正大
ポジション:
外野手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
78kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     選抜優勝を経験した(横浜)はタレント揃いだった。当時は白井(ENEOS)、佐藤(現日本ハム)、福田(現中日)、下水流(HONDA)、川角(東芝)、西嶋(ドジャース傘下)、下級生には高濱(現千葉ロッテ)と多士済済の顔ぶれの中でも長打力は際立っていた。立正大でもその長打力を発揮。尚且つ俊足強肩で、最終学年ではドラフト候補として注目されていたが、打撃不振によりプロ入りはせず、NTT東日本入りした。NTT東日本入りしても、未だ脆い打撃は解消してきれていないようだ。

    (打撃)
     スタンスはスクエアスタンス。膝を曲げてグリップの位置は肩の位置に置いて構えている。力んだ構えになっており、もう少し自然体に構えていきたいところ。

     投手の足が着地し、リリースする手前に始動を仕掛けている。始動の仕掛けは極端に遅く、ほぼノーステップに近い形で打ちこんでいる。NTT東日本の間ではノーストライド打法と呼ぶようで、無駄な動きを極力排し、球を見る時間を長くして確実に捉えるようにするのが狙いとのこと。チームの方針であるということだが、この打法が合致しているかというと疑問であり、各打者に合った打法に取り組んでほしいと思っている。この打法の弱点は始動の仕掛けが極端に遅いので、一定レベルの速球に振り遅れる傾向にあること。

     彼は打ち取られた打撃を見ると殆どが振り遅れのフライか、三振であり、ヘッドが返って、芯で捉える事が出来ていない。バットを寝かせて、トップに入った時にグリップが体の奥に入りすぎてしまい、インコースの捌きはとても窮屈になっており、振りまわすような打撃になってしまっている。

     彼の打撃のポテンシャルはかなり高いものがあり、嵌った時の打球は素晴らしいものはあるのだが、今の打法がそのポテンシャルを発揮しているとは言い難い。始動を早めた打法に戻し、腕を柔軟に使い、スムーズに振り出せるようにしておきたいところだ。

    (守備・走塁)

     外野守備には標準レベルであり、打球反応、守備範囲の広さは普通。抜群に広いというほどではないが、ある程度守れるレベルにある。彼の持ち味はなんといっても強肩。深い位置からダイレクト返球出来るのが彼の強みである。

     塁間タイムは4.2秒前後と右打者としてはかなり速いタイムを計測。足を売りに出来るだけの脚力はあるが、盗塁はしていないので、もう少し走る意識を高めていきたい。
    将来の可能性
     打者としてのポテンシャルは今年の候補の中でもずば抜けたモノを持っている。俊足・強肩で都市対抗でアピール出来れば、ドラフト上位候補に挙がるだけのポテンシャルを秘めているが、如何せん打撃が荒削り。

     ポテンシャルは素晴らしいものはあるのだけど、荒削りな打撃のまま適齢期を過ぎてしまった同タイプの打者は結構見てきているので、彼はそのパターンに嵌るか。それとも別人の如く打ちまくって一気にドラフト上位候補に名乗り挙がるか。今年は中距離打者タイプの右打者でさえ有力的な打者が少ないだけに大きく化けることを期待したい。
    情報提供・文:2012.01.21 河嶋 宗一
コメント (1)
訂正2016.09.01 通りすがり
越前(2006横浜高校)は神奈川県出身ですよ

横浜市の都田中学校出身で、同じく市内の緑シニア出身

コメントを投稿する