選手名鑑

杉山 一樹(三菱重工広島)

杉山 一樹

写真のご提供をお願いしております。こちらまで
※他メディアからの写真は掲載できません

杉山 一樹

所属チーム:
三菱重工広島
所属都市:
広島市
球歴:
駿河総合
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
193cm
体重:
90kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 短評
    1965年に産声を上げて以来、今年で53年目。いまや野球界を超え世間の注目事として定着した「2018年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD 」。

     そんな運命の日到来を目前にした昨今、識者の間で「最大の大器」と称される最速153キロ右腕・杉山 一樹(三菱重工広島・20歳・投手・右投右打・193センチ90キロ・駿河総合高<静岡>卒3年目)が、ドラフト前日の10月24日(火)広島県広島市のJR西日本広島総合グラウンド野球場で、11月1日(木)に開幕する「第47回社会人野球日本選手権」に備えての先発マウンドに上がった。

     この日の杉山は、自己最速をマークした今年の都市対抗で補強選手指名を受けたJR西日本相手に6回100球を投げ、最速146キロ・8安打3奪三振3失点。

     打線の援護もあり5対3とリードした状態でマウンドを譲ったものの、「1・2回に失点していてはダメ。競った状態で試合を持っていけるようにゲームメイクしないと」と本人も反省の弁を述べたように、勝負所でのストレートの甘さに課題が残った。

     その半面、大きな成長を示したのが「今年のはじめから(町田 公二郎)監督とマンツーマンでフォームの円運動を小さくする中で強いボールを投げることに取り組んできて、先月からようやく成果が出てきた」制球力である。事実この試合でも四死球は3に抑えつつ、3三振はいずれも2種類を持つスライダーで仕留めたものである。

    情報提供・文:2018.10.24 寺下友徳

コメントを投稿する