選手名鑑

松永 弘樹(三菱重工広島)

松永 弘樹

松永 弘樹

所属チーム:
三菱重工広島
所属都市:
広島市
球歴:
広陵 – 早稲田大学
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
172cm
体重:
74kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     早稲田大学時代は洗練された守備が光っていた遊撃手。卒業後は地元の広島に戻り、三菱重工広島で即戦力として活躍している。守備では相変わらずの安定感を見せているが、打撃面でまだ伸び悩んでいる様子が見られた。

    (打撃)
     スタンスはスクエアスタンス。以前はグリップを肩の位置に置いた素直な構えであったが、社会人に入ってからトップを高めの位置に置いて構えている。大学時代のような素直で力みのない構えと比べると変わった感じはある。

     投手の足が着地した寸前に始動を仕掛けるスタイル。どちらかというとやや遅めの仕掛けなので、ボールを手元まで引き付けて打つ選手のようだ。ただ彼はトップの位置が全く安定しておらず、しっかりと形成してしないまま振り出している。始動の仕掛けの遅さはもちろんだが、浅いトップを取るならば、グリップ位置はミスマッチだ。

     大学時代はスムーズにヘッドが出て、振り抜いていたイメージがあったが、窮屈さを感じる。下半身の硬さは感じないが、上半身と下半身のタイミングが合っておらず、ボールを追いかけていくようなスイングで、狙い球をビシッと捌く鋭さを感じない。

     やや癖のある構えであり、彼のような守備型タイプに今の打法はあまり合わないと考える。個人的には素直な打撃フォームだった大学時代に戻してほしいという思いがある。

    (走塁・守備)
     塁間タイムは4.30秒前後で左打者に換算すると4.00秒前後と俊足。大学時代は通算17盗塁と盗塁を仕掛けており、盗塁技術は兼ね備えた選手といえる。

     大学時代はショートを守っており、守備の安定感は六大学NO.1と評していた。ショートの守備ではどんなものであったかというと、一歩目に対する反応が速く、グラブ裁きが柔らかく、守備範囲、動きともに軽快。捕ってから投げるまでの動作は素早く、そして尚且つ力強い送球を見せており、筋の良い動きを見せていた。社会人になってからはセカンドを守っていたが、腰を低く落として安定した守りを見せていた。
    将来の可能性
     彼は俊足・巧打・堅守重視の渋い内野手を売りにするべきだ。守備・走塁は問題ないが、打撃面は長打を意識しているのか、強引な打撃になったり、急ぎ急ぎの打撃になって、引っかける打球が多く、しっかりと身体を使って、タイミングも合って前に飛ばした打球がなかったということはやはり打撃を見直すべきであると思っている。コンパクトな打撃フォームで、最後までしっかりと振り抜く打撃を心掛けてほしいと思う。

     全体的に何か中途半端に見えてしまう。良い選手ではあるが、打撃がその印象を悪くしている。彼のような渋く勝利に徹するプレーヤーは常に出塁出来る選手になってほしい。今年一年は実戦的な強みを発揮し、ドラフト候補としてマークされる選手になることを期待したい。
    情報提供・文:2012.01.25 河嶋 宗一

コメントを投稿する