選手名鑑

山崎 雄飛(東京ガス)

山崎 雄飛

山崎 雄飛

所属チーム:
東京ガス
所属都市:
東京都
球歴:
芝浦工大高.中央大
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
85kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     大学時代は140キロ台後半の速球に、多彩な変化球を持ち合わせ、投球の完成度は澤村拓一以上といわれた山崎 雄飛。しかしラストシーズンで故障してしまい、プロ入りを逃してしまった。早速、1年目から活躍を見せ、来季のドラフト候補として期待されているが、大学時代に140キロ台後半の速球を見ているモノからすると物足りない点はある。来年は同期の投手の頭一つ、二つ抜けたものを見せられるかが境目になるのではないだろうか。

    (投球スタイル)
    ストレート 142キロ
    常時135キロ~140キロ
    スライダー 120キロ
    フォーク 120キロ前後
    カーブ 100キロ前後
    ストレートは常時140キロ前後で大学時代のマックスと比べると5キロほど落ちており、物足りなさは否めないが、ストレートはだいぶ重量感が出てきて、押し込んで詰まらせる球質になった。個人的にはもう少しストレートのスピード・質を高めてほしいと思っている。彼の投球スタイルを考えると、プロレベルでも自分のペースで投球ができるようになるには更に高いレベルを求めたい。

    変化球はスライダー、フォーク、カーブ。ストレートを両サイドに集めながら、落差のあるフォークで三振を狙っていくコンビネーションだ。

    (打者への攻め)
    ・右打者
    右打者にはストレートを両サイドへ投げ分けながら、スライダー、カーブ、フォークを織り交ぜる投球。
    ・左打者
    左打者には外角中心にストレート、カーブを投げ分けながら、要所でフォークを落として空振り三振を狙う。コースに厳しくつきながら、縦の変化を使うことができており、投球の幅の広さを感じる。


    (投球フォーム)
    ノーワインドアップから始動する。じっくりと左足を回し込んであげていき、右端はバランスよく立つことができている。左足をショート方向へ伸ばしていきながら、少しずつ腰を沈めていき、軸足に体重を乗せて、投手方向へ送り込む。

    膝の関節を伸ばしながら、踵から着地する。ステップしたつま先は三塁方向へ向く。左腕のグラブを斜めに伸ばして引き込んで開きを抑える。コンパクトにテークバックを取っていき、リリースしていく。肘をしならせて前で離す意識は見られるが、後ろが残りすぎてやや球離れが早い。やや腕の振りが体から遠ざかっているため負担が大きいフォームになっている。


    フィニッシュではインステップにより腰が詰まってしまい思うように体重ができない投球フォームになっている。軸のブレが少ない安定したフォームだが、思うように体重移動ができていないフォームで、体が開いて抜けることが多い。大学3年までは結構しなやかな投手体型をしていたが、ここ1年ですっかりと体型が変わった。トレーニングによって腰回りが太くなった。
    将来の可能性
     春先と比べても変わっておらず、大学時代の全盛期には戻っていない様子。それでも彼は今の状態で、どうすれば打者を抑えるか、懸命に考えて投げている様子は伝わってきた。ドラフト解禁を迎える社会人投手では、ピッチングができる投手であり、さらに大学時代の球速・切れが戻ることが出来れば、来年の指名候補に名乗りあがるのは確実だろう。

     球速表示だけには拘ってほしくないが、やはりプロの投手と混ぜても、良いストレートと思わせるレベルになってほしい。今年はいかに圧倒的な内容を残すかが、プロ入りの境目になる。同期の沢村の活躍によってモチベーションはかなり上がっているはずなので、ぜひ上位候補に連ねる投球を見せてもらいたい。
    情報提供・文:2012.01.31 河嶋 宗一

コメントを投稿する