選手名鑑

増田 達至(NTT西日本)

増田 達至

増田 達至

所属チーム:
NTT西日本
所属都市:
大阪市
球歴:
柳学園 – 福井工業大学
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
78kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
    NTT西日本の抑えを任される増田 達至。ストレートの最速は150キロを超え、圧倒的な球威でJABA京都大会優勝に貢献した。ただこの投手の投球を見ているともっと可能性を広げることができるんじゃないかと常に思いながら見ている。吉元、安部という絶対的な柱が2人いるから抑えに留まっていると思うのだが、抑えのままでは評価は上がるのを待っていても遅い。プロを狙うならば先発を目指していかなければならないだろう。
    (投球内容)
    150キロを超える直球を投げる投手だが、巡り合わせが悪いのか。スポニチ大会、都市対抗と本来の出来ではない。スカウト内で彼の評価が上がったのはJABA京都大会だが、この大会で最速151キロを計測したようだ。となると常時140キロ後半は計時しているはず。
    140キロ後半の速球を連発して、そして優勝に貢献する投球を見せたのならば、評価が上がっているはず。

     ただ都市対抗では常時140キロ前後・最速143キロ。手元まで失速しない勢いのあるストレートを投げ込むことができているが、150キロ前後の速球を期待したものとしては物足りない。オールストレートで、変化球は投げなかった。変化球はスライダー、カット、カーブを投げる。個人的には曲がりの小さいスライダーが良く、基本的にはストレート・スライダーの軸に投球を組み立てている。

     コントロール自体はアバウトだが、先発時は丁寧に投げようとする意思が伝わってくる。フォームの土台も良いので、実戦的な投球を期待でき、様々な球種を広げる可能性を持っている。先発適性は全くない投手だとは思わないし、先発で自分の可能性を広げることが大事だと思っている。

    (投球フォーム)
     制球を意識するためか、ワインドアップではなく、セットポジションから始動する。勢いある速球を投げることを意識するためか捻りを入れるフォームなった。もっとゆったりと始動し、軸足にしっかりと体重を乗せてから、体重移動をする正統派なフォームだったが、捻りを入れるようになった。ただこういう捻りを入れると踏み込んだ左足の膝が開きやすく、同時に開きが早くなりやすい。

     捻りを入れるため、左足を二塁方向へ送り込んでいき、お尻から先行するヒップファースト。縦回転の動きが出来ており、縦系統の変化球は可能な投球フォームだ。ただ縦の変化球をあまり投げない投手なのだ。

     左腕のグラブをやや上向きにして、開きを抑える動作を取っているが、左腕のグラブがすり抜けてしまい、重心移動が一塁に流れやすい。左足に捻りを入れることによって、バランスが崩れていってしまったと思う。

     テークバックは内回りの回旋を取っていきながら、右肘でしっかりと上げることができている。胸郭を使うことができており、鋭く腕を振る形ができている。腰は縦回転を使うことが出来ており、オーバースローのフォーム。リリースも良いポイントで放った時は実に力のあるストレートを投げることが出来ており、手元まで失速しない素晴らしいストレートを投げる。ただそれを継続的に投げるまでには至っておらず、リリースポイントが安定しない。最後のフィニッシュは良い時は踏み込んだ足にぐっと体重が乗って最後まで腕が振れているものの、踏み込んだ膝が開いて、一塁側へ身体が流れてしまう。

     真っ当なフォームに見えるが、膝の開きと球持ちに課題を抱えている。それがピタッと嵌れば150キロ級のストレートも投げられるが、まだ継続的に投げるまでに至っていない。
    将来の可能性
     彼はリリーフ候補として名前が上がっているが、昨年指名されたリリーフタイプのピッチャーと比べるならば、ポテンシャルとしても、技術的にも高い評価をしている投手だが、まだ自分のポテンシャル、速球に頼っているのか。さらに投球の幅を広げていこう、投球の総合力を高めようというのが見えなかった。そういうところを突き詰めるようになるだけで、プロでも通用する投手になっていくと思う。

     指名されるとしたら、中位~下位の指名。即戦力と考えず、1年目の後半~2年目の前半から一軍定着するというイメージだ。都市対抗であまりアピールできなかったので、残留することが十分に考えられる。今後は投球を突き詰めて投手としての総合力を高め、恵まれたポテンシャルを活かせる投手になってほしい。

    情報提供・文:2012.09.23 河嶋 宗一
  • 短評
     今年のドラフト指名候補として期待される増田 達至。リリーフとして注目を浴びる投手だが、スポニチ大会では先発として見ることが出来た。

     まだ3月。更に気温が落ち込む16時以降ということで、球速は抑え気味で、常時140キロ前後。それほどスピードは出ていなかったが、マックスである141キロを何度も計測しており、勢いは悪くなかった。速球主体の投球で、見せ球としてスライダー、縦のスライダー、ツーシームを投げている。見せ球という段階で、決め球と呼べるほどの精度ではない。

     リリーフ中心の投球しか見ていないので、初めて先発・増田の投球を見たが、コントロールの大きな乱れもなく、ここぞという時に力を入れて、押し込んでいくストレートはやはり素晴らしい。コーナーを使い分けていきながら、東海REXの加藤辰祐からストレートで空振り三振を打ち取るなど、ストレートは100パーセントの出来ではないものの、直球主体で試合は作る事は出来ていた。フォームとして見ると、やや球離れが早いか。もう少し始動から足上げまで溜めを作って、手元まで失速せず空振りが奪えるストレートの追求。そして緩急が使えていないので、カーブもマスターすると、奪三振率は変わっていくという印象を受けた。

     先日行われたJABA京都大会では最速151キロを計測。元々フォームの土台は良く、ダイナミックな投球フォームで投げるので、肩が仕上がり、気温が上がれば、それに近い数字を計測するのは不思議ではないだろうか。この大会ではクローザーのポジションを任されており、右の速球派リリーフが欲しい球団からは今後もマークされる存在ではないだろうか。次見る時は150キロ級の速球を主体にキリキリ舞いする増田の投球を見てみたい。

    情報提供・文:2012.05.08 河嶋 宗一
  • 寸評
     速球を投げる才能ならば増田 達至。大学時代は全国的には無名ながらも140キロ台後半を記録。4年春に5勝、66回を投げて71奪三振と投球回を上回る奪三振を取っており、ストレートの威力の非凡さが伺える。プロからも注目されたが、志望届けは出さずに社会人入り。

     筆者はスポニチ大会で彼の投球を見ている。その試合でマックス147キロを計測。上々の社会人デビューを果たした。大きく振り被り、内回りのテークバックでトップを作り、力強い腕の振りで、150キロ近い速球を投げ込む。土台の良いフォームによって恵まれた体格を持てあますことなく使いきっている。正統派な本格派右腕で、実に惹かれるものがある。

     都市対抗予選・本戦ではエース・安部建輝、吉元 一彦の二枚看板により出番が数少なかったが、予選では10回三分の2を投げて15奪三振と投球回以上の奪三振を奪っている。ドラフト候補として注目されている一人。JABAスポニチ大会に出場するので、どんな投手であるかとを知っていただきたいと思う。
    (投球スタイル)
    ストレート マックス147キロ
    常時140キロ~145キロ
    スライダー130キロ~135キロ前後

    恵まれた体格を大きく使うフォームから投げ込む直球は常時140キロ~145キロ前後を計測。ストレートの威力は中々のものがあり、おっと唸らせるストレートも確認できた。変化球は鋭く曲がるスライダーを確認。1イニングしか投げなかったので、細かい配球は分からなかったが、主に威力あるストレートとスライダーの2球種で抑えていくパワーピッチャーだ。

    (投球フォーム)
     ワインドアップからゆったりと振りかぶっていく。左足を回し込むように上げていき、右足はバランスよくたつ。左足を二塁方向へ送り込んでいきながら、ひざを伸ばして真っ直ぐ着地する。お尻を落とし、柔軟に接地出来ている。

     左腕のグラブをやや上向きにして、テークバックは大きく取っていき、リリースに入る。腰は縦回転を使うことが出来ており、オーバースローのフォーム。軸足でじっくりと力を蓄え、右肩を下げてから上から振り下ろすパワー系投手の使い方だ。体をダイナミックに使うことができており、躍動感を感じるフィニッシュだ。やや開きが早いのが気になるが、大きな体を持て余すことがないよいフォームだ。

     元々の素材も素晴らしいが、フォームの土台も良い。あとは試合を抑える術だけだ。
    将来の可能性
     投手としての素質の高さ、エンジンの大きさは優れたものがあり、確かに大学時代にドラフト候補として注目されてきた投手だけはある。ここまで自身が搭載するパワーを磨き続けてきた。社会人ではそれをさらに活かすためにもテクニック(投球術)を磨いていくことが課題と述べてきた。ハイレベルな二枚看板がいる中で、登板数が限られたのも経験不足が否めなかったのだろう。今年は大事な試合で先発出来るためにJABA大会で先発が出来ることを大きくアピールしてもらいたい。

     ドラフト的な観点から見て、注目を浴びる一人として紹介したが、NTT西日本投手陣の中ではプロの投手に負けないパワー、奥行きを持った逸材であると思っている。本格派投手を好む方にとっては嵌る投手ではないだろうか。ぜひJABAスポニチ大会でその雄姿を見せてもらいたい。
    情報提供・文:2012.02.03 河嶋 宗一

コメントを投稿する