選手名鑑

宮崎 敏郎(セガサミー)

宮崎 敏郎

宮崎 敏郎

所属チーム:
セガサミー
所属都市:
東京都
球歴:
厳木 – 日本文理大学
ポジション:
三塁手
投打:
右/右
身長:
172cm
体重:
80kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     セガサミー史上NO.1野手になれるかもしれないと高評価を得ているスラッガー。とにかく強く振る事を意識し、三振を恐れない打撃スタイルは爽快さがある。ドラフト候補として注目される宮崎敏郎に注目してみたい。
    (打撃)
     ベース近くに立ち、やや歩幅を狭めてクローズスタンス気味に構える。グリップの位置は低く構えており、低め・外角を捌くことを主眼に置いた構えではないだろうか。投手の足が着地する寸前に始動を仕掛けていき、回しこむように足を上げていき、インステップ気味に踏み込んでいく。しっかりと間を作ることが出来ており、ストレート、変化球にも対応出来ている。

     トップの動きをぐっと引いていく。しっかりとトップを作り、強い打球を生み出す。インステップ気味でグリップが体の後ろへ入るので、インコースの捌きは難しくなる。身体が開かず、踏み込んだ足をしっかりと踏ん張ることが出来ており、外角の球を強く叩くことが出来ている。押し込みが強く、遠くへ打球を飛ばすことが出来ているだろう。
     
     強く振る事は出来ているが、フォロスルーは小さく、一発を連発する選手ではなく、内野手、外野手の間を抜ける鋭い打球を打ち返す中距離打者であろう。右方向にも強い打球を打てる可能性を秘めている。

    (守備・走塁)
     三塁手として出場していたが、守備は全く記憶にない。プロを意識して二塁に転向したが、体の強さを活かした守備が出来る選手で、二塁寄りから踏ん張ってノーバウントのスナップスローが出来るなど背筋の強さがうかがえるプレーをたびたび見せている。上手い二塁手と比べるとスピード感はあまり感じられないが、率なく守っている。

     塁間タイムでは4.4秒前後と左打者ならば4.1秒前後とまずまずの脚力を誇るが、積極的に足を売りにする選手ではないように見えた。
    将来の可能性
     この選手の売りはどの投手にも臆せずフルスイングする姿勢と右方向へ強い打球を打てる技術。しかし大柄選手に対抗出来るほどのプラスアルファがあるかというと、今のプレーから感じられない。良い選手だが、突き抜けたパフォーマンスを見せていないので、推すことが出来ていない。ドラフト指名候補に上がるためには走攻守すべてに置いて水準の高いプレーを示していってほしい。
    情報提供・文:2012.05.06 河嶋 宗一

コメントを投稿する