選手名鑑

中林 伸陽(JFE東日本)

中林 伸陽

中林 伸陽

所属チーム:
JFE東日本
所属都市:
千葉市
球歴:
慶應義塾 – 慶応大
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
179cm
体重:
80kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     慶応大学時代からドラフト候補として注目されてきた中林 伸陽。指名が噂されていたが、まさかの指名漏れ。投球内容を見る限り中位まで指名される投手と思っていただけに驚きだった。JFE東日本に入社後は主にリリーフとして奮闘。今年は勝負の3年目を迎える。

    (投球内容)
    まず変わったのは投球フォームだ。

    以前の彼は体全体をダイナミックに使う投球フォーム。今年からフォームを変えたのか。沈み込みを小さくしたフォームになっていた。それでも他の投手に比べれば沈み込みが深い。

    140キロ中盤を出していた頃を比べると常時130キロ前半~139キロに抑えられていた。140キロ台中盤の速球を投げていた投手だけにストレートの勢いそのものは良い。まだ体重移動が滑らかではないので、思うようなストレートを投げることは出来ていないが、今のフォームがなじんで、体重移動も出来るようになれば、常時140キロ前後は計測も可能であろう。左腕ならばコンスタントに140キロ前半は出ていれば十分である。


    変化球はスライダー、フォークを確認。120キロ後半を計測する高速スライダーのキレ、コントロールは抜群。まさに生命線といっていいものだ。落差はそれほど大きくないが、120キロ後半に落ちるフォークはコントロールが良く、縦の変化球もしっかりと使うことが出来ている。縦横のコンビネーションに、偶に投げるカーブとの緩急を織り交ぜられるようになっていくと面白い。

     クイックは1.25秒~1.50秒。タイムにバラツキが見られる。意識的に遅らしているのか否かは判断出来なかったが、遅いクイックがあった。牽制は適度に入れており、ランナー対応は悪くない。フィールディングの動きも率なくこなしており、投球以外の技術ではクイックに目が付いたが、注文をつけるほどではなかった。

    (投球フォーム)
    セットポジションから始動する。この投手で気になったのは足の上げ方である。軸足が突っ張ってしまい硬直している。軸足に体重が乗らないので、上体が突っ込みやすくなり、踏み込み足が突っ張りやすい。そのため右足に体重が乗らず、思うようなストレートを投げられないことが多い。後半になってから足上げの間を持たせて、突っ込みが少なくなり、体重移動も良くなっていったが、体重移動の動作が改善出来ていくと代わっていくはずだ。

    お尻から先行する意識はあり、踏み込んだ足は真っすぐ踏み出し、骨盤が真っすぐ向いていて、体が外側へ開くことも少なく、体が開いてのパワーロスはないと考えられる。テークバックは内回りのテークバックでしっかりと肘を上げることが出来ており、左肘の使い方は綺麗。踏み込みからテークバックに入るまでの動作は榎田 大樹(現・阪神タイガース)と似通ったところがある。

    そしてリリース。リリースする角度はやや低く、押し込みがまだ弱い。もう少し上半身と下半身が連動して、強くリリースすることが出来るようになっていくとボールの質も変わっていくだろう。最後のフィニッシュでも突っ張り気味のフィニッシュの時と、しっかりと体重移動が出来ている時の差が見られる。

    上半身の使い方、下半身の体重移動を見ていくと恐らく鹿沼と同じくコマの動きを意識しているのかもしれない。同じチームで技術を高め合っている仲だから、全く無関係とはいえない。足上げの時に軸足に体重が乗せられるか、否か。あとはリリース時の押し込みが強くなっていくともう少し変わっていくのではないだろうか。
    将来の可能性
    左のリリーフでもいいので、与えられたチャンスでしっかりとアピールしてほしい。社会人で活躍する左の好投手はたくさんいるが、ストレートのキレ、速さ、変化球のキレを見ていくとドラフト候補に上げられる素材だというのがうかがえる。ただ今年はドラフト候補に上がる高校生左腕、大学生左腕が多い。社会人の彼が違いを魅せるのはポテンシャル及び技術力、精神力の高さであろう。

     プロで活躍出来る、出来ない投手の境目は局面で抑えられるピッチングが出来る投手であるか。投手の力量の違いを見せつけるのはここしかない。今回の都市対抗予選の投球はビハインドからの登板で、ピンチらしいピンチもなかったので、そこまでは伺うことは出来なかった。都市対抗では局面で抑えられる頭脳、ハートの強さ、技術の高さ。この三項目をしっかりクリア出来ているかどうか注目してみたい。

     都市対抗では与えられたチャンスの中で気合の入った投球で、再びドラフト候補に上がる存在になっていくことを期待している。
    情報提供・文:2012.06.10 河嶋 宗一

コメントを投稿する