選手名鑑

吉田 潤(東芝)

吉田 潤

吉田 潤

所属チーム:
東芝
所属都市:
川崎市
球歴:
岡山理大附
ポジション:
三塁手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
81kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
  • 寸評
     高卒から東芝入りして5年目の内野手。緩やかながら成長曲線を描いてきた内野手。昨年の都市対抗ではサードを守っていたが、東日本復興支援ベースボールマッチでは、6番ショートとして先発出場。ショートの動きも無難にこなし、今年ないし来年のドラフトへ期待を持たせる内野手だ。
    (打撃)
     高度な打撃を展開する東芝に揉まれたことで、大きな癖がない力強い打撃を披露する。さらに実戦を重ねていけば、更に高い打率が望めると期待させるものがある。

     スタンスはスクエアスタンス。グリップを高めに置いて背筋を伸ばして構えている。力みなく構えることが出来ており、安定感を感じる。投手の足が降りたところから始動を仕掛けていき、足を高く上げて真っすぐ踏み込んで打ちに行く。

     トップの動きを見ていくと捕手側方向に引いていく。ただバックスイングは小さく、長打を生み出せるフォームではないが、グリップが奥に入りすぎることはないので、インコースには窮屈になりにくい。バットは立てて振り出していく。スイング軌道にロスはなく、手元でしっかりと押し込んで強い打球を打ち返すことが出来ている。以前よりもヘッドスピードが速くなり、コンパクトなスイング軌道から、さらに遠くへ飛ばす事を意識したスイングになり、数年前に比べて長打を意識出来る打撃になった。踏み込んだ足はしっかりと踏ん張り、足元もぎりぎりまで開かない。

     技術に大きな癖がなく、しっかりと打撃技術を叩き込まれているように見える。肉体面の成長が、技術に追いつき、地に足がついた打撃が出来るようになっている。

    (守備・走塁)
     
     打球に対する反応はまずまず良く、グラブ捌きもだいぶ鍛えられた。ショートの動きは悪くないが、上級レベルのショートと比べると身のこなしの点で劣る。地肩の強さは中々強く、コントロールも悪くない。ノーステップからのダイレクトスローでアウトに出来る足腰の強さがあり、土台をしっかりと鍛えた精度の高いプレーが出来ている。

     塁間タイムは4.4秒前後で左打者に換算すると4.10秒前後で中々の俊足である。盗塁能力についてはあまり分からなかった。
    将来の可能性
     彼を初めて見たのは入社3年目の春だが、その当時と比べると攻守のレベルは上がってきているといえる。緩やかながら成長曲線を見せているといえる。今年は自分の名を売り込む大事な年だろう。同学年の内野手と比べると、走攻守のレベルは纏まっている。突き抜けたポテンシャルはないので、何か自分の売りを見出してほしい。まだ注目度は低いが、密かに追いかけていきたいプレイヤーだ。
    情報提供・文:2012.03.11 河嶋 宗一

コメントを投稿する