2013年07月14日 東京ドーム

JR東日本vs王子

第84回都市対抗野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

吉田一将(JR東日本)

JR東日本・吉田一将、11三振奪って8回2/3無失点投球!

 JR東日本の吉田一将が、王子打線を9回二死まで無失点に抑える好投をみせた。被安打2、三振数は「11」をマーク。勝利まであとアウト1つまでこぎつけたが、ここで、JR東日本は吉田をさげ、片山純一をマウンドへ送る。
 片山も、最後の打者を内野ゴロに打ち取り、完封リレーで勝利をつないだ。
 試合は、2回にJR東日本の4番松本 晃がセンターへのソロ本塁打。さらに、3回には8番石川修平が左前打で出塁すると、2番田中 広輔の適時打で1点を追加。吉田-片山がこの2点を守り切り、2対0でJR東日本王子に勝利した。

(文=編集部)

都市対抗大会2日目のドラフト候補選手も、このコラムでチェックしよう!

都市対抗特設応援サイト 更新中!

吉田一将投手のインタビュー記事はこちらから!

応援メッセージを投稿する