2013年07月20日 東京ドーム

新日鐵住金かずさマジックvsニチダイ

第84回都市対抗野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

新日鐵住金かずさマジックが延長12回タイブレーク制する

 先制したのはニチダイ。3回に、8番小熊の二塁打に、1番岩本の適時打。続く2番川口の右前打に相手野手エラーも絡んで、ファーストランナーの岩本が生還。
 新日鐵住金かずさマジックは、6回に1番米田の中前打で出塁すると、二死満塁から押し出し四球で1点を返す。7回には、9番田中の二塁打、2番落合の内野安打で同点に追いつく。
 試合はそのまま延長戦に突入。延長12回表、新日鐵住金かずさマジックは、一死満塁から、1番米田が左前打、さらには落合のショートゴロが打者走者セーフとなり、2点目を追加。その裏、ニチダイは無得点に終わり、4対2で新日鐵住金かずさマジックが勝利した。

山縣選手のインタビューはこちらから


都市対抗大会のドラフト候補選手を、このコラムでチェックしよう!

都市対抗特設応援サイト 更新中!

応援メッセージを投稿する