2013年10月28日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

バイタルネットvs西濃運輸

第39回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
第39回社会人野球日本選手権特設サイト

投手・曽根(バイタルネット)

開幕戦はタイブレーク決着

「初めてタイブレークで勝ったんで嬉しかった。ホッとしました」

 日本選手権の開幕戦を延長13回の末勝利したバイタルネット・三富監督は、試合後安堵の表情を浮かべていた。

 バイタルネットは2回に安部の犠牲フライで1点を先制すると、先発左腕・曽根が好投。スタメン9人中6人が左打者の西濃運輸打線に本来のスイングをさせず、7回まで3安打無失点。援護したい打線だったがヒットは出ても連打は生まれず追加点が奪えない。8回に二死満塁のチャンスを逃すと曽根がピンチを招く。一死から西濃運輸の1番・藤澤にヒットを許すと、2番・東名の送りバントで二死二塁。一打同点のピンチに三富監督は

「3番の右バッターまで行ったら田中で行こうと決めてました。1番信頼出来るピッチャーなので」

 と田中 大にマウンドを託す。田中 大は3番・金丸を三振に打ち取りピンチ脱出。しかし9回、先頭の阪本にフォアボールを与えたことから二死二塁としてしまうと、途中出場の李に同点タイムリーヒットを浴び試合は延長戦へ。

 10回は共に三者凡退に終わったが、先にチャンスをつかんだのは土壇場で試合を振り出しに戻した西濃運輸だった。

 11回、先頭の金丸がヒットで出塁すると大野の送りバントで一死二塁。その後敬遠などもあり二死満塁で8番・森が打席へ。2球で追い込まれたがボールゾーンへ逃げていく球を見極めフルカウント。そこからファールが続き9球目、打球はサード前へ緩く弾んだゴロとなり勝ち越し点はならず。決着は一死満塁から始まるタイブレークへともつれ込んだ。

【次のページ】 バイタルネットvs西濃運輸(2)


応援メッセージを投稿する