2013年10月28日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

新日鐵住金かずさマジックvsヤマハ

第39回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
第39回社会人野球日本選手権特設サイト

かずさマジック、9回裏にサヨナラ逆転勝利

 新日鐵住金かずさマジックの先発・岡本は低めでも威力ある力強いストレートが光る。立ち上がりもヤマハの2番・永田、3番・長谷川 雄からストレートを決め球に連続三振を奪う。その後もあくまでもストレート勝負を挑み、5回までに7奪三振。岡本自身も「ファール取れたんで2ストライクにすぐ追い込めた。(バッターが)差し込まれている感じがした」と手応えを感じていた。攻撃面では先頭打者を出塁させた3回に積極的にエンドランをしかけ局面の打開を図るがヤマハの先発・武内を攻略出来ない。

1番・八幡(ヤマハ)

共に本格派タイプの岡本と武内、両右腕の投げあいにより5回終了時点で0-0。前半静かだった試合は6回に動く。

ヤマハは一死から八幡がスリーベースヒットで出塁すると、永田のセカンドゴロでホームへ突入。送球より先に足が入り先制に成功(記録は野手選択)。その後二死二累となると4番・柳が左中間を深々と破る。打球が跳ね返らずフェンスの真下に止まったのか中継にボールが返っていないと見るや三塁も蹴り、一気に生還。大会第1号ホームランをランニングホームランで飾った。3点の先制を許したところで新日鐵住金かずさマジック・鈴木監督は「岡本は5回から球が浮いていた」と左の加藤へスイッチ。加藤は嶋岡にヒットを許すが佐藤をショートゴロに打ち取り6回の攻撃を終わらせる。

ヤマハ・武内は点を取ってもらった直後の6回裏のマウンドで、二死から澤山にツーベースヒットを許すが、野坂を打ち取り6回無失点でマウンドを降りる。

ヤマハの7回のマウンドにはサイドスローの渡邊が上がる。しかし、新日鐵住金かずさマジック6番・佐々木、代打・内田に連打を浴び一死も取れず降板。無死二、三塁でリリーフしたのは左サイドスローの九谷。高木、岡野の代打攻勢をいずれもキレある変化球で三振に仕留める。打順がトップに返り、米田にフォアボールを与え二死満塁から2番・田中にライト前ヒットを浴び1点を返されたものの最少失点で切り抜けた。

【次のページ】 新日鐵住金かずさマジックvsヤマハ(2)


応援メッセージを投稿する