2013年11月05日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

新日鐵住金かずさマジックvsJFE東日本

第39回社会人野球日本選手権 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
第39回社会人野球日本選手権特設サイト

5打数4安打の田中健(かずさマジック)

かずさマジックが千葉対決を制し、ベスト4進出!

 君津市の新日鐵住金かずさマジックと千葉市のJFE東日本との千葉対決。日本選手権では都市名は出ないが、千葉対決ということで大きく盛り上がった。同県対決についてかずさマジックの鈴木監督に伺うと
「やっぱりやりにくいですよね。JFE東日本さんとはともに千葉県を強くしていこう、盛り上げていこうと誓ったチームですから」
 やりにくいと語った鈴木監督。だが試合に入ると、都市対抗4強と勢いに乗る新日鐵住金かずさマジックが試合を優位に進めていく。

 2回裏、新日鐵住金かずさマジックは無死から7番島影 竜馬の左二塁打でチャンスを作り、一死二塁で、9番は長打力のある山縣 有輔。鈴木監督は守備位置が深くなっていた三塁手の動きを見て、犠打を敢行。セーフティバント気味のバントになったが、しっかりと送り二死三塁となって、1番米田 真幸の適時打で1点を先制。

 さらに3回裏、2番田中 健が右前安打で出塁。3番佐々木 陽が左前安打で続き、無死一、二塁。4番澤山 翔太の場面で、二塁走者の田中が飛び出したのを見て、捕手の中野が二塁へ送球したが、田中はすかさず三塁へ。セーフとなり、無死一、三塁。そのまま4番澤山が中前安打を放ち、1点を追加。ここでJFE東日本は投手交代し、左腕の榊原 響。5番野坂 亮太の犠打で一死二、三塁とすると、代打の内田 秀行の左前適時打で2点を追加し、さらに二死一、二塁として、9番山縣が二塁打を放ち、この回、一挙に5点を入れる。さらに4回裏にも2番田中が三塁打を放ち、3番佐々木の内野ゴロの間に1点を追加し、前半までに7対0と大きくリードする。

 先発の左腕・山川 康樹は左腕から130キロ台のストレート、スライダー、カーブのコンビネーションで投球を組み立て、5回無失点。6回から右腕の本多 俊弘が登板。1年目から先発として活躍する本多は130キロ後半の直球、スライダー、カーブ、フォークを織り交ぜ、3回を投げて無失点の好投を見せる。投手陣は非常に安定していた。

【次のページ】 新日鐵住金かずさマジックvsJFE東日本(2)


応援メッセージを投稿する