2013年11月06日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

新日鐵住金かずさマジックvs東京ガス

第39回社会人野球日本選手権 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 新日鐵住金かずさマジック待望の反撃はその直後。5回二死二塁から米田がセンター前にタイムリーヒットを放ち同点とする。そして田中が、日本一を目指す鈴木監督の「選手に自立を求めてやってきた。考えさせること、指示待ちでは無く」という思いに一振りで応える。初球を振り抜いた打球は大きな意味を持つレフトスタンドへの勝ち越しツーランホームラン。「ピッチャーもタイムリーを打たれて落ち込んでるところだと思うので、取りにきたストレートだけ狙ってました。長打狙ってました」と読み勝ち。

 リードをもらった加藤のピッチングも調子づく。5回、6回も無失点に抑え、2回3分の1を投げ奪った三振は6つ。特に6回は東京ガスのクリーンアップを3者連続三振に仕留める圧巻のピッチングだった。

 7回からは岡本 健がマウンドに上がり、終盤3回を2安打に抑え東京ガスの反撃を断つ。福岡ソフトバンクからドラフト指名を受けた岡本にとっては、新日鐵住金かずさマジックの一員として戦う最後の大会。「1日でも長くこのチームでやりたいと思ってました。明日はやってきたこと全部出して終わりたい」と話せば、鈴木監督も「日本一になろうと本気で始めて、挑戦できるチャンス頂いた。都市対抗では準決勝で負けて悔しい思いをした。頂点決める戦いに上れなかった」と言葉こそ丁寧に選びながら日本一の栄冠へ並々ならぬ思いを口にした。

 決勝でも自慢の継投で優勝旗を狙う。

(文・小中 翔太


第39回社会人野球日本選手権特設サイト

応援メッセージを投稿する