2013年11月06日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

富士重工業vs三菱重工広島

第39回社会人野球日本選手権 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
第39回社会人野球日本選手権特設サイト

投手・東明大貴(富士重工業)

京セラドーム大阪で3つ目のウイニングボール

 三菱重工広島・鮫島 優樹、富士重工業・東明 大貴の好投手による投げ合いは、3回終了時点で試合時間30分という超ハイペースで進んでいた。0行進が続いていた試合は中盤に何度も大きな山を迎える。

 先にチャンスをつかんだのは富士重工業。4回裏、先頭・小川 信のヒットから一死二塁とし、更に2つのフォアボールで二死満塁。このチャンスに7番・冨村 優希が必死に粘りボールに食らいつくが、最後は9球目を空振りし三振に倒れてしまう。

 5回表には三菱重工広島が5番・井口のツーベースヒット、6番・田中 友博の犠打野選で無視一、三塁とチャンスを作る。富士重工業は1点を覚悟。ショート・富村とセカンド・日置 翔兼は三塁ランナーを刺すのではなくゲッツー狙いの中間守備を敷いていた。この場面で7番・戎はファースト前へセーフティスクイズ。やや強めの打球を処理したファースト・小川 信は走りこんだ勢いそのままにホームへ送球。試合後、富士重工業・水久保監督が「小川が判断良く三本間に挟めたのが大きかった」と振り返った好判断で先制点を阻止。しかし、一死二、三塁から8番・山口のフォアボールで満塁に。だがこのピンチでもマウンド上の東明は冷静で、9番・大城 裕児をファーストゴロ、1番・松永にはワイルドピッチの危険もあるが「止めてくれると信じてました」とフォークを続け空振り三振に。

 攻撃に転じたい富士重工業はその裏、一死から9番・船引 俊秀がヒットで出塁。打順はトップに返り1番・日置、2番・小川がいずれもいい当たりを放つが、ライト・松原 匡志、センター・大城 裕児の好守に阻まれてしまう。

【次のページ】 富士重工業vs三菱重工広島(2)


応援メッセージを投稿する