2014年07月23日 東京ドーム

HondavsJR西日本

第85回都市対抗野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

延長13回裏二死満塁、阿部の逆転サヨナラ打でJR西日本に勝利!!

 今大会中、1試合あるかないかの熱戦だった。
打者走者の各塁到達ストップウォッチで計測した全力疾走はHondaの1人1回に対して、JR西日本は5人10回。初出場のJR西日本にとって東京ドームの晴れ舞台でプレーするというのは特別なことだったのだろう。

 走るJR西日本の象徴的な選手が1番春原直登(23歳・右翼手・右投左打・173cm/75kg)だ。春原は「すのはら」と読む。珍しい名字なので関東学院大時代から覚えているが、これほど走る選手だったのか記憶にない。
昨年春に行われた神奈川大学リーグの対神奈川大1回戦、春原は1番中堅手で出場し2安打を放っているが、このときの一塁への到達タイムは4.80秒、5.08秒である。優等生的とは言えない。
この日のHonda戦はどうだったかと言うと、全打席の到達タイムを次に紹介しよう(以下カッコ内数字は打席数)。

 [1]二塁打7.98秒 [2]中前打4.52秒 [3]二塁打7.82秒
 [4]二塁ゴロ4.25秒 [5]左前打4.67秒

 全力疾走と認められるのが第1、3、4打席。全力疾走率は6割である。見事としか言いようがない。社会人で好素質が開花した選手と言っていい。

 試合は常にJRがリードした。1回は春原以下、2番田中勇次、3番辻亮太、5番杉本裕太郎の4人が全力疾走のタイムクリア。このうち田中と杉本は右打者である。一塁到達に不利でも彼らはとにかく走る(得点は辻のタイムリー)。

 2回は得点こそできなかったが先頭の6番亀井 優輝が安打性のセンターフライに倒れ、このときの二塁到達タイムが8.23秒。フライアウトでタイムクリアするというのはそうそうあることではない。3回には3連打と犠牲フライで2点追加して、3回表が終わった時点で3対0と突き放す。

 Hondaは3回に併殺崩れで1点返し、4回には6番小甲和俊(日本通運からの補強選手・31歳・左翼手・右投右打・177cm/75kg)のソロホームランでさらに1点を追加、追撃の狼煙を上げる。
なお、小甲は「こかぶ」と読む。Hondaの中でJR西日本の“元気”に対抗できたのはこの小甲ただ1人だけと言っても過言ではない。

【次のページ】 HondavsJR西日本(2)


応援メッセージ (1)

JR西日本強い!みっふぃ 2014.10.20
9月29日、広島東洋カープとの練習試合見にいきました。
カープの応援でいったのですが、JR西日本の選手の全力プレーにびっくりしました。
プロ相手に快勝。
一気にファンになってしまいましたw
頑張って下さい!

応援メッセージを投稿する