2014年09月14日 ロッテ浦和球場

侍ジャパン社会人代表vs千葉ロッテ(ファーム)

侍ジャパン強化試合 二次合宿強化試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ロッテに惜敗も、活躍を見せた投打のキーマン2名をピックアップ!

倉本寿彦(日本新薬)

 9月12日から二次合宿をスタートさせた侍ジャパン社会人代表。対するはイースタンリーグ首位の千葉ロッテ二軍との対戦だ。

 侍ジャパン社会人代表はいきなり出鼻をくじかれる。1回裏、千葉ロッテは1番大嶺 翔太が社会人代表の先発・井口拓晧が投じた初球のストレートを捉え、レフトスタンドへ飛び込む本塁打が放つ。豪快な当たりであった。さらに千葉ロッテは打者一巡の猛攻で4得点。さすがファームトップ.302を記録する強力打線である。

 0対6で負けていたが、反撃のきっかけを作ったのが2番に座る倉本 寿彦(日本新薬)。横浜-創価大を経て2年目を迎える大型遊撃手だ。大学時代までは走攻守三拍子揃ったタイプだったが、この2年間で、だいぶ打撃に磨きをかけ強打の遊撃手に成長を遂げた。

 6回表、二死二塁から千葉ロッテの三番手・吉原 正平から甘く入った変化球を強引に振り抜き、右前適時打を放った。その後、二死一、二塁から林 稔幸(富士重工業)の適時二塁打で二者生還し、6対3と3点差に迫る。さらに倉本は、8回表、5番手の阿部一成からストレートを捉え、今度は左越えの二塁打を放ち、その後、松本 晃JR東日本)の適時打で生還。4打数2安打1打点2得点と活躍を見せた。

 凡退した二打席は二ゴロ、鋭いライナー性の右飛と打撃内容は社会人代表の中では最も良かった。

 大学時代からインパクトまでロスのないスイングを実現出来ていたが、ここにきてよりスイングの強さが増して、打球に迫力が出てきた。代表に合流する前に、5打数5安打を放つ大爆発ぶりを見せており、合宿に入っても好調を維持し続けている。大会に入っても活躍が期待できるのではないだろうか。

 打撃以外に目を向けていくと、守備はシートノックから安定した動きを披露。ソツがなく、強肩を生かした遊撃守備も、スカウトに惹き寄せる要素かもしれない。4対6出敗れたが、倉本の活躍は収穫に残るものであった。

【次のページ】 侍ジャパン社会人代表vs千葉ロッテ(ファーム)(2)


応援メッセージを投稿する