2014年09月18日 東京ガス大森グラウンド

侍ジャパン社会人代表vsJFE東日本

侍ジャパン強化試合 二次合宿強化試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

侍ジャパン社会人代表が大勝!最高の仕上がりで大会に臨む

本塁打を打った林選手(富士重工業)

 二次合宿最終日。侍ジャパン社会人代表は、JFE東日本と強化試合を行った。

 この試合では序盤から社会人代表の打線が爆発した。
 1回裏、一死から多幡 雄一(Honda)の右前安打、遠藤 一星東京ガス)の右二塁打で、二死二、三塁のチャンスを作ると、林 稔幸(富士重工業)が犠飛を放つ。さらに4回裏、二死から2番多幡が二塁打を放ち、3番遠藤が四球で二死、二、三塁。ここで、再び4番林。打った瞬間、本塁打と分かる特大3ランを放ち、4対0と大きくリードを広げる。林の一打に、小島監督は、
「二次合宿でも毎試合、活躍をしていましたし、調子が上がってきているのは頼もしいですね」とコメント。社会人野球を代表するスラッガー・林。持ち前の長打力をこれだけ発揮できるのは、ファールで粘りながら、相手投手の持ち球をなくし、甘いところを見逃さない技術が長けているかだろう。スラッガーを志す若手選手は林の打撃をぜひ目指してほしい。

 しかし4回表、JFE東日本の5番金森 宏徳の2ラン本塁打で4対2と2点差に迫られ、なおも二死二、三塁のピンチで、三遊間の深いゴロを遊撃の倉本 寿彦(日本新薬)が逆シングルで追いつき、ワンステップからダイレクトスローでアウトにした好プレーは見事であった。

 倉本は「この回、自分が守備のミスをしたので、なんとか盛り返そうと思っていました。肩の強さには自信がありますので、アウトに出来て良かったです」とワンプレーを振り返った。

  その裏、社会人代表は無死一塁の好機で、7番倉本の時にヒットエンドランを仕掛ける。倉本は右前安打を放ち、スタートを切っていた一塁走者の藤島 琢哉(JR九州)が一気に三塁へ。さらに藤島はライトのファンブルを見て、三塁を回って本塁に生還。さらに、適時打を打ち、6対2と点差を広げる。

 5回表に1点を失い、6対3となったが、長打攻勢は続き、6回裏には1番石川 駿JX-ENEOS)の2ラン本塁打が飛び出す。15日に行われたJX-ENEOS戦でも本塁打を放った石川は思い切りの良さと鋭いスイングが魅力な選手だ。だが、ロッテ戦では無安打と当たりは見られなかったが、試合を重ねるごとに昨年の都市対抗で3本塁打を放った長打力を発揮しつつあるのは頼もしい。

【次のページ】 侍ジャパン社会人代表vsJFE東日本(2)


応援メッセージを投稿する