2014年11月04日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

JFE西日本vs鷺宮製作所

第40回社会人野球日本選手権 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

攻守でチームを引っ張る浦選手

 両チーム無得点で迎えた6回、JFE西日本は先頭の4番・橋本 駿介のヒットから一死二、三塁のチャンスを作ると6番・岡 将吾の内野ゴロが野手選択を誘い1点を先制。なおも続く一死一、三塁の場面で7番・浦が三遊間を破るレフト前タイムリーヒットを放ちリードを広げた。ただ、4球目にタイムリーを打つ直前は3球目にスクイズを失敗している。

 それでも「浦はミスした後に打つことがけっこうあるので。スクイズ失敗した時もベンチががっくりくることはなかった」という。この両にらみとも言える采配で6回に2点を挙げ試合には勝利したが、安打数は5本で鷺宮製作所を下回る。「浦と打線は反省だらけ。変化球は見逃してまっすぐ打つとかででもいいのに。9イニングを無難に終わらせようとしている。お互いに波ある中でのせめぎ合いだろ。まだ思い切りが無い。次は二死一、二塁からエンドランとかもしてやろうと思います」一塁側のベンチ裏通路にて不敵に笑った村上監督、メガネの奥はすでに次の試合を見据えていた。

(文=小中 翔太)

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

応援メッセージを投稿する