2014年11月05日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

NTT西日本vs西部ガス

第40回社会人野球日本選手権 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

夏に伸びた若手の活躍

大城昌士(西部ガス)

  NTT西日本は、4回に二死から戸柱恭孝、田中孝宗の連打と安井一平のデッドボールで満塁のチャンスを作ると9番・長田涼平がレフトへ走者一掃の3点タイムリーツーベースを放ち先制。しかし、その直後、西部ガスは9番・竹松瑞樹のタイムリーですぐさま1点を返す。更に5回には3番・大城 昌士がレフトスタンドにアーチを描き点差を詰める。

 西部ガス・今村幸志郎、NTT西日本・吉元一彦の両先発が共にストレートよりもスライダーを多投するピッチングで0を並べる静かな序盤の展開から一転、中盤以降は小刻みに得点がスコアボードに刻まれた。

 8回を終わって6対3。3点を追う西部ガスは9回に1点を返すと二死一、二塁で捕手の金沢 達弘に代走を送る勝負手を見せたがあと1歩及ばず。追い上げは見せたが一度も同点に追いつくことは出来なかった。

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

【次のページ】 NTT西日本vs西部ガス(2)


応援メッセージを投稿する