2014年11月07日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

パナソニックvsJFE西日本

第40回社会人野球日本選手権 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

来季に期待がかかる藤谷修平(JFE西日本)

 パナソニックの先発マウンドを任されたのは初戦に続いてルーキーの近藤大亮。投げっぷりが良く、配球の多さからもストレートに強いこだわりと自信を持っているのがすぐわかる。立ち上がりに先頭打者をフォアボールで歩かせてしまうがその後、JFE西日本の上位打線を3者連続三振。

 スピードガン表示以上にキレと力のあるストレートを「打てるもんなら打ってみろという気持ちでした」と投げ込んだ。130km/h台のカットボールとスプリットも武器で、時にはタイミングを外すパームも投げる。「大学時代は力任せに投げるところもあったんですけど社会人になってからは緩急も使って。でも5,6球だけだったんでまだまだですけど。ピンチでパームのサインが出た時は、サイン合ってるかな?と思いました(笑)」初回に3三振を奪った近藤だが2回以降は毎回ヒットを浴び毎回得点圏にランナーを背負う。それでもなんとか無失点で抑えていたが5回、ワイルドピッチで1点を失い、さらにJFE西日本の6番・岡 将吾に四球を与えたところで降板。その後は手足の長い長身右腕・四丹健太郎と左腕・田中篤史がJFE西日本の攻撃を1点に抑え逃げ切った。

 JFE西日本の村上監督は、2回4安打2失点だった藤谷について「いい経験になったと思う。先発に使ったことに対してどう思ったか」と話す。2回の攻撃中には、藤谷が裏の投球に備えてキャッチボールしていると村上監督がベンチから歩み寄り直接何か声をかけるなど行動にも成長への期待が表れていた。

 3回から登板した陶山は期待通りに終始安定したピッチングで6回1失点と試合を作り、打線はコンパクトなスイングで大振りすることなく全て短打で13安打を放つ。敗れはしたが、らしさは見せた。8回を除いて毎回得点圏にランナーを置きながら中々あと1本が出ず無得点が続いても攻撃と守備の切り替えで選手がすれ違う度に口々に「さぁ行こう、行こう」と声を掛け合う。常にビハインドを背負い劣勢に立たされても誰一人悲観していない。ピッチャーゴロでも全力疾走を怠らないなど非常に好感の持てるチームだった。

(文=小中 翔太)

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

応援メッセージを投稿する