2014年11月09日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

セガサミーvs大阪ガス

第40回社会人野球日本選手権 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

9回二死から決勝ホームラン

澤良木喬之(セガサミー)

 初の8強入りを果たしたセガサミーの勢いが止まらない。

 2回に4番・川端裕也がヒットで出塁すると5番・佐藤貴穂が送って一死二塁。続く6番・澤良木喬之がセンター右へタイムリーツーベースを放ち1点を先制。右のサイドスローから140km/hのストレートを投げ込む大阪ガスの先発・小畑 彰宏から先手を取った。セガサミーの先発マウンドに上がったのは大舞台では登板経験の無かった前原侑宜。球速はそれほど速くないが右のアンダースローで、ランナーがいなくてもクイックで投げるなどタイミングを外し6回1失点。

「あまり見てられない心境だった。打たれたとしても投げられたことが収穫」と初芝監督が話した経験地を積むためでもあったマウンドで結果を残した。この間に打線は川端の犠牲フライで1点を勝ち越し。リードした状態で終盤を迎えた。

 しかし8回に2イニング目に入った松永大介が二死一、二塁としたところで降板すると、3番手の上津原詳がタイムリーを浴び試合を振り出しに戻されてしまう。

 

 後続を断ち勝ち越しは許さなかったが、9回の攻撃もランナーを出すことなく二死となる。この場面で打席に立った「飛ばす力はチームで1番」と初芝監督が認める澤良木が勝ち越しのホームランをバックスクリーンに叩き込む。

「ホームランでチームの勝利に貢献すると言っていたので良かったです。3打席目からセンター方向意識しました」と興奮気味に話せば初芝監督も「ベンチもあれしか望んでない中結果残すの大きい」と褒め称える。好投を続けていた大阪ガスの小畑は打球の行方を見届けるとマウンド上でガックリと膝をついていた。

 9回裏、上津原が一死一、二塁のピンチを招くが後続を断ち試合終了。試合毎にDHの選手が入れ替わるチーム状況の中、初芝監督が「2打席でダメだったらと思ってたけど1打席目にポーンと打ってくれたし」という澤良木の価値ある一発でしびれる展開を制したセガサミー、初の4強入りを決めた。

「前2試合も勝てる雰囲気難しいゲームで、今日も2度追い付かれたけど勝ち越されなかったのが大きかった」とここまでを振り返った初芝監督、就任1年目でいきなりの好結果だが「求めてるのはもっと上なので。思い切ってやるだけです」と準決勝での戦いに闘志を燃やしていた。

(文=小中 翔太)

プロ野球ドラフト会議2014特設サイト

応援メッセージを投稿する