2015年10月30日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

西濃運輸vsカナフレックス

第41回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

9回1失点の好投を見せた佐伯 尚治(西濃運輸)

 大事な次の1点を取ったのは西濃運輸。5回、相手のエラーをきっかけにチャンスを作ると中村 優太の2打席連続となるタイムリーツーベース、チャンスでブレーキとなっていた3番・谷 恭平の犠牲フライで2点を追加。再びリードを奪う。

 しかし6回には、無死一塁からバントが小フライになったためスタートが遅れたランナーが二塁で封殺され、一塁に残ったランナーも牽制でタッチアウト。試合の流れをつかみ切れずにいると、2点を追うカナフレックスが8回に最大のチャンスをつかむ。

 先頭の9番・年綱 恭平がライト前ヒットで出塁すると、1番・飯田 健太郎のライン際で止まったうまいバントが佐伯 尚治の悪送球を誘い無死一、二塁。

 しかしここで、佐伯が勝てる投手の見本のような投球を見せる。
バントの構えを見せる山内 慎之介に対し打球を転がしにくいコースを突き3バント失敗で一死を奪うと、唯一2安打を許していた3番・深瀬 幹太に対しては変化球を続けて追い込み、最後は外ギリギリのストレートで空振り三振。

 ヒットゾーンに飛ばすことは難しいがカウント1ボール2ストライクからは手を出さざるを得ない球にバットは空を切った。ベテランの上手さにやられた2年目の深瀬は「いつも山内さんに助けてもらってたんで山内さんのミスを取り返したかったんですけど、向こうのピッチャーの方が1枚上でした」と唇を噛んだ。

 ピンチになると佐伯は力を込めてギアを上げるのではなく、集中力を高め自慢のコントロールがより精密さを増す。4番・北條 貴之もいい当たりを放つがセンター左へのライナーでランナーを還すことが出来ず。

 西濃運輸の林 教雄監督が「フォアボール出さないのが他のピッチャーとの違いかな。決定打許さないのが持ち味なんで」と厚い信頼を寄せる佐伯は9回もリズム良くアウトを奪い無四球1失点で完投。チームを勝利に導いた。

 西濃運輸は一度もリードを許さずに初戦突破。しかし試合後の林監督は「エラー3つにバント失敗と牽制アウト。これでよく勝てたな。負けゲームの流れなんで内容としては不満足。中4日あるんでもう一回出直してきます」と勝って兜の緒を締めていた。

(文=小中 翔太)


応援メッセージを投稿する