2015年10月30日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

セガサミーvsフェデックス

第41回社会人野球日本選手権 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

セガサミー先発の横田 哲

前半だけで十分過ぎるほどの援護を受けた先発左腕・横田 哲はセカンド・江藤 圭樹の軽快な守備にも助けられフェデックス打線に付け入る隙を与えない。力感のあるフォームから力強い球を投げ込み、序盤3回をパーフェクト。

 4回と5回にヒットを許すがどちらも後続を併殺打に仕留めピンチの芽を摘む。6回を2安打無失点、球数67球とたっぷり余力を残しマウンドを他の投手に譲った。7回は陶久 亮太がランナーを三塁に背負ったものの無失点。

 8回には140km/h台後半の球威で押す森脇 亮介が3奪三振。9回は左腕・氏家 優悟が二死から1点を失ったが、最後は右のアンダースロー・前原 侑宜がフェデックスの4番・木佐木 聖也を空振り三振に仕留めゲームセット。野手陣も代打に代走に守備交代と適宜入れ替え15人がグラウンドに立った。

 前回あと1歩のところで優勝を逃したセガサミーの初芝 清監督は、
「目の前の一戦一戦勝っていかないと去年と同じ場所には行けない。相手のミスにつけ込めたのは良かった。課題としてはそういうところ以外でいかに点を取るか」と初戦を振り返っていた。
若手が多いチームで20人がグラウンドの空気を感じられたのは大きな収穫のはず。初優勝に向けて好スタートを切った。

(文=小中 翔太)


応援メッセージを投稿する