2015年11月04日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

Hondavs西濃運輸

第41回社会人野球日本選手権 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1点差試合を制しHondaが2回戦を突破

福田 大輔(Honda)

 何度もチャンスを作りながらあと1本が出ないHondaだが、先発・福田 大輔が好投。
ルーキーながら「調子が良かったんで。実力的にも3番の指に入る。夏に制球力上がってきて1番成長がうかがえる」と長谷川 寿監督に先発を任されると140km/h台のストレートに120km/h台の変化球を駆使し、硬軟織り交ぜるピッチングで西濃運輸打線を翻弄。

 5回までわずか1安打とまともに出塁さえ許さなかった。
ルーキーを援護したい打線は5回、一死から山崎 裕貴、井上 彰吾の連打で一、三塁とすると2番・小手川 喜常は3ボール1ストライク、もうボール球が投げられないカウントになるとセーフティスクイズ。これがファールになりフルカウントになると、投球と同時にサードランナーがスタートを切る通常のスクイズを敢行。小手川がきっちり転がし先制に成功。西濃運輸ベンチ、バッテリーに警戒される中で1点をもぎ取った。

 続く6回にも先頭の多幡 雄一がヒットを放つと川戸 洋平が送って一死二塁。追加点のチャンスを作る。するとHondaの長谷川監督は左の長島 一成に代えて右打ちの吉岡 聡を代打に送る。すると西濃運輸の林 教雄監督も先発左腕・野田 昇吾から右投げの山下 大輝にスイッチ。この場面は山下が後続を抑え追加点は許さなかった。

 西武からドラフト3位指名を受けた野田よりも長くマウンドを守った福田大は6回に続いて7回も三者凡退。すると打撃陣がルーキーの好投に奮起する。7回に二死一塁から3番・阿部 寿樹がライト左、右中間へ落ちるヒットを放ち一、三塁。続く4番の多幡が今度は右中間を割る。

「角度と高さ、あそこに打ち返せるイメージは持ってます。その通りに打てました」と2点タイムリースリーベース。コーチ兼任となった頼れる4番打者が背中でチームを引っ張った。

 押されっぱなしだった西濃運輸の反撃は8回。一死から藤中 謙太郎、大山 仁也の連打で一、二塁とすると8番・大野 正義が追い込まれてから粘る。ボール球はしっかり見極め際どい球はファールで粘りフルカウントに持ち込むと9球目は変化球がワンバウンドとなりフォアボール。塁を全て埋めた。

 3点リードするHondaがゲッツー態勢で守る中、9番・森 智仁はファーストファールフライに倒れてしまうが、1番・東名 真吾がライトオーバーの2点タイムリーツーベース。1点差に迫り一打同点、逆転のチャンスを作り苦しみ続けた福田大を降板へと追いやった。しかし以降の攻撃は2番手としてマウンドに上がった左のサイドスロー・福田 勇人に阻まれあと1歩及ばず。西濃運輸の反撃を振り切ったHondaが2回戦を突破した。

(文=小中 翔太)

応援メッセージを投稿する