2015年11月05日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

NTT東日本vs日本通運

第41回社会人野球日本選手権 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横山弘樹が好投、NTT東日本が接戦を制する

横山弘樹(NTT東日本)

「こういう展開になると思っていたのでホッとしました。途中から出た選手もみんないい仕事してくれました」日本通運を相手に2対0、接戦を制した飯塚 智広監督の試合後の第一声である。楽な展開にはならないという条件でのシミュレーションの中では監督にとっては理想的な展開だったのではないだろうか。

 NTT東日本の先発マウンドに立ったのは広島からドラフト2位指名を受けた横山 弘樹。スピード、キレ、コントロール全てに秀でたまとわりのある右腕は、ヒットどころか良い当たりもほとんどなく初回から球数は6、12、13、9、6球。5回までに要したのはわずか46球。許したランナーは死球による1人だけ。そのランナーも完全に逆を突いた牽制で刺し、打者15人で前半の日本通運の攻撃を終わらせた。

「入りから自分の投球が出来たと思います」。好テンポ、ストライク先行のピッチングで2回には12球で3者連続三振を奪う。ノーヒットピッチングを続ける右腕に飯塚監督が「早く1本出てくれ。1回セット(ポジション)にしておかないと」と内容が良すぎて終盤でのプレッシャーを心配するほど日本通運打線を圧倒していた。

(文=小中 翔太)

応援メッセージを投稿する