2015年11月09日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

日本生命vsHonda

第41回社会人野球日本選手権 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

日本生命集合写真

 Hondaの優勝へのカウントダウンが始まりそうな場面でも日本生命の十河 章浩監督は「何とか1人ランナーが出れば追いつくことが出来る。9回の攻撃前には一気に行くぞと声をかけました。上西 主起が出てくれたんで逆転できると思いました」と確かな兆しを感じていた。

 すると懸命のリードで投手陣を引っ張ってきた古川 昌平が詰まりながらもライト前に落とし一、三塁。このチャンスに9番・岩下 知永は1ボールからの2球目をライト前に運ぶタイムリー。
「外の変化球ハリハリで。右にうまいこと打てました」打球が前進守備の一、二塁を抜けると上西が生還し同点に、さらにスタートを切っていた一走・古川は悠々三塁に到達した。

 キャプテンの一振りで同点に追いつき尚も一死一、三塁とサヨナラのチャンス。途中出場の佐々木 優介はカウントが2ボールとなるとHondaバッテリーは外に2球外し塁を埋める。球数が130球を越えても石橋 良太の球速は序盤と変わらず140km/h台中盤を計測していたが勝負の前から打席に向かう福富に分があった。この日の打撃成績はライト前ヒット、送りバント、ショートライナー、フォアボール。4打席とも内容を伴っており「球もすごい見えていた」という。

 福富はストレートに強く、マウンド上の石橋はカットボールを軸に変化球も速いタイプ。緩急のどちらかをマークするというよりはストレートを意識しながらカットボールにも対応するという待ち方の通じる相手で、冒頭の通り二死を予測しながら実際にまわってきたのは一死での打席。四死球すら許されない石橋に比べれば精神的にも余裕があったはず。

 Hondaの二遊間は通常の前進守備からさらに守備位置を前にしたが、ストレートを叩いた福富の打球はショート・阿部の遥か上。打った瞬間に犠牲フライには飛距離十分とわかるライナー性の打球は勢いを失うことなくレフト・三浦 大和の頭上を越えた。無数の紙テープが投げ込まれたグラウンドでもみくちゃにされたヒーローは、場内放送のインタビューで白い歯と満面の笑みを見せ喜びを表現した。

 スタンドへの挨拶、閉会式の後には十河監督が8回、岩下が4回、岩間 浩史部長が3回、飯島 貴之が2回宙を舞った。岩下は都市対抗で優勝した際、胴上げされる直前に「早く並んで」との声がかかり結局やらず終い。しかしこの日は十河監督の次にしっかり4度宙を舞った。

「最高です。都市対抗の胴上げは来年の夏にとっておきます」キャプテンは2か月半待たされた胴上げの感想に冗談っぽく次なる目標を付け加えた。2015年シーズンの終了は2016年シーズンの幕開けでもある。都市対抗に続いて日本選手権でも優勝を飾り史上3チーム目の連覇を成し遂げた日本生命、次なる目標は夏秋夏の3連覇だ。

(文=小中 翔太)


応援メッセージを投稿する