2016年07月19日 東京ドーム

西濃運輸vs大阪ガス

第87回都市対抗野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 さらに5回には先頭の5番打者がサードエラーで出塁。6番打者が初球をバントするが、これを捕球すると二塁へ送球しながら倒れるという無理な体勢ながら間一髪でアウトにするのである。一死一塁後、7番打者がレフト線に二塁打を放っているので、二塁に走者がいれば1対1の同点になっていた可能性が高い。佐伯は自分で自分を救ったのである。

 大阪ガスは4人の継投で西濃運輸打線を2点で抑えた。誤算は先発の小畑 彰宏(青山学院大卒26歳)。社会人入りしてから毎年「ドラフト候補」と言われながらチームへの忠誠心から残留してきたサイドスローだが、140キロ台中盤を計測してきたストレートがこの日は最速139キロにとどまった。

 それでも本格派の矜持はあったのだろう。2回表、一死後、6番谷恭兵(八戸学院大卒25歳・右翼手)に2ボールからストライクを取りに行ったストレートをものの見事にライトスタンドに運ばれた。

 この2回限りで小畑が降板し、後を託されたのがドラフト上位候補の酒居知史(大阪体育大卒23歳)。腰の故障で今シーズンは不調が伝えられていたが、悪いなりに要所を締めるピッチングで5回を2安打無失点に抑えた。

 昨年は140キロ台中盤から後半が出ていたストレートがこの日は最速144キロにとどまり、さらにこのストレートが高めに抜ける二重苦に見舞われるが、カーブ、スライダー、ツーシームなど変化球の精度が高く、危なげなかった。この酒居を先発させていたら、と思わないでもないが、2対0というスコアを見ればどうしようもなかったと思うしかない。どこを切り取ってみても佐伯のピッチングばかりが目立つ、ワンマンショーのような試合だった。

(文=小関 順二


応援メッセージを投稿する