2012年07月18日 東京ドーム

JR九州(北九州市)vs日本新薬(京都市)

第83回都市対抗野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

15安打8得点でJR九州が2回戦進出

JR九州打線が爆発した。3回表に藤島琢哉の左越スリーラン本塁打、宇多村典明の右越ソロ本塁打と、2者連続アーチ。
4回表には藤島の左越二塁打で2点を追加。さらに、7回表、三菱重工長崎から補強の荒牧 良伸と東向誠の連続適時打でダメ押し。
日本新薬は6回裏に疲れの見え始めた濱野雅慎から松本雅彦の右前適時打で1点を返したが、JR九州の救援陣を打ち崩すことは出来なかった。

(文=島尻 譲)

応援メッセージを投稿する