2012年07月19日 東京ドーム

富士重工業(太田市)vsJR東日本(東京都)

第83回都市対抗野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨年の覇者・JR東日本、順調にベスト8進出

JR東日本は1回裏、一死走者一、三塁の場面で4番・松本 晃が左前適時打を放って先制すると、直後の2回表、富士重工業も直後の2回表に併殺崩れの間に1点を返して同点とする。
すると、JR東日本もその裏に石川修平の中前適時打と田中 広輔の左犠飛で更に2点を追加。序盤は点の取り合いで試合が始まった。
しかし、その後は両チームの投手陣が踏ん張り投手戦へ。
共に2番手の富士重工業・平井英一、JR東日本・片山純一の好投が光った。結局、序盤のリードを守り抜いたJR東日本がそのまま逃げ切り、ベスト8に進出した。

(文=島尻 譲)

応援メッセージを投稿する