2012年07月20日 東京ドーム

JFE西日本(福山市・倉敷市)vsパナソニック(門真市)

第83回都市対抗野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

主将の一撃でパナソニックが接戦に勝利

JFE西日本はエース・岩澤が2試合続けて先発マウンドに。
かたやパナソニック大阪ガスから補強の松永が先発の大役を託される。
試合は、この両左腕が力量通りの投球を見せ、固唾を飲む投手戦となった。

試合が動いたのは、6回裏、このイニングの先頭打者・森が初球を叩いて右翼ソロ本塁打。
JFE西日本も8回表に好機を作ったが、パナソニックの継投を前に本塁を踏むことが出来ず。
接戦はパナソニックの主将・森の一撃で決まった形となった。

(文=島尻 譲)

応援メッセージを投稿する