2012年07月21日 東京ドーム

日本生命(大阪市)vsJR九州(北九州市)

第83回都市対抗野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

新人右腕・吉原が2試合連続完封で日本生命がベスト8へ

日本生命は4回表、この回の先頭打者・高橋が「長打を狙っていた」と、内角のスライダーを持ち味であるフルスイングで左翼スタンドへ先制のソロ本塁打を放つ。
投げては、2試合連続で日本生命の先発マウンドを任された新人・吉原は試合中に何度も同じ新人でマスクをかぶる小林とコンタクトを取りながら粘りの投球を見せる。
最終回も走者を三塁に背負うが、代打・佐藤を空振り三振に仕留め、お見事な2試合連続の完封勝利を飾った。

(文=島尻 譲)

応援メッセージを投稿する