2012年07月23日 東京ドーム

JX-ENEOSvsNTT東日本

第83回都市対抗野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

息詰まる熱戦を制したJX-ENEOSが決勝戦へ

 本格派右腕・井納と緩急を巧みに操る左腕・大城の互いに譲らない投げ合いで、5回までスコアボードにはゼロが並ぶ。均衡が破れたのは試合間のグラウンド整備が終わった6回表。

 JX-ENEOSは二死走者一、二塁で泉の右翼へスリーラン本塁打で大きな3点のリードを奪う。そして、8回表には4番・山田の右前適時打で1点を追加した。前年準優勝のNTT東日本も執念を見せる。

 8回裏に岩本、越前の連打で大城を降板させ、北道の右前適時打で1点を返す。9回裏には越前の左前適時打でもう1点を加えたが、代打・鈴木が一ゴロに倒れて万事休す。JX-ENEOSは決勝進出で大会10回目の優勝を目指す。

(文=島尻 譲)

応援メッセージを投稿する