2012年07月16日 東京ドーム

TDK(にかほ市)vsHonda(狭山市)

第83回都市対抗野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

効果的な2本塁打でHondaが2回戦進出を決める

1回表、TDKは二死ながら走者を三塁に置き、菅原翔の三内安で1点を先取する。
しかし、直後の1回裏にHondaは西郷泰之の都市対抗通算本塁打個人最多タイ記録(14本)となる右翼スリーラン本塁打で逆転に成功。
さらに4回裏には長島一成の右翼ツーラン本塁打で2点を追加し試合を優位に進める。
一方、TDKは本来の調子には程遠い筑川利希也をジワジワと攻める。そして、6回表に10年連続出場表彰の阿部博明の左翼ソロ本塁打。
さらに安打を連ね、新田祐司の右中間二塁打で2点差まで追い上げる。しかし、反撃もここまで。Hondaも必死の継投でTDKの反撃を振り切った。

※都市対抗個人通算最多本塁打タイ記録=14本
(杉山孝一/新日鐵名古屋:1986〜94年)
杉山の記録は全て金属バット時代のもの。
西郷は14本中9本が木製バット。

(文=島尻 譲)

応援メッセージを投稿する