2013年03月13日 大田スタジアム

東邦ガスvs新日鐵住金かずさマジック

第68回JABA東京スポニチ大会 予選リーグ 第3日
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東方ガス 鶴岡

東邦ガスが継投で今大会初勝利

新日鐵住金かずさマジックは初回、中前ヒットで出塁した2番米田を4番の澤山が還し1点を先制。
ただ2回以降は両チームとも二塁打を放ちスコアリングポジションまで進めるも得点には繋がらない。

ゲームが動いたのは4回表。東邦ガスは6番上内が中前安打で出塁するとすかさず二盗、そして8番若林が右前タイムリーを放ち同点とする。
続く5回表にも東邦ガスは9番鶴岡と1番荒川がヒットで出塁し、3番木村が中前へ2点タイムリーを放ち勝ち越しに成功。さらなる追加点を狙ってヒット、四球などで出塁し満塁とするが、ここは新日鐵住金かずさマジックの相良がなんとか持ちこたえた。

1回以降、ヒットは出ているものの得点に繋がっていなかった新日鐵住金かずさマジック。何度も好機をうかがうが、東邦ガスが6回から投入したルーキーの蒔野が本塁を踏ませず乗り切る。

8回表に新日鐵住金かずさマジックはピッチャーを村松にスイッチ。だが代打で出場した東邦ガス宇津野を四球で出し、犠打で二塁まで進ませるとランナーを気にしてか牽制球が多くなる。そして9番鶴岡のときに上がった内野フライが、朝から止むことのない強風に流されてしまい、不運な形で東邦ガスに4点目が入る。

なんとか追い付きたい新日鐵住金かずさマジックだったが、8回裏から登板した東邦ガス・西に抑えられ得点ならず。
逆に東邦ガスは今大会での初勝利となった。

応援メッセージを投稿する