石田雄太の斜説

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第8回 ポスティング・システムの渦巻き2014年01月07日

 だから──。
 結局、今回の顛末で損をしたのは、楽天野球団なのである。
 移籍金の上限を決められたということは(上限がなかったらいくらの移籍金を要求していたのかには興味があるが)、とらぬ狸の皮算用をしていた楽天野球団にとっては、晴天の霹靂だったことだろう。もちろん、ファンが愛した大黒柱を失って得る金額で丸儲けなんて、カッコいい話ではない。しかしこの顛末には、「損をしたのが楽天野球団だ」というところに問題が潜んでいる。もっとわかりやすく言い換えれば、「損をしたのが日本球界ではなく楽天野球団だ」というところが問題なのだ。

新たなポスティングシステムでメジャーリーグを目指す田中将大投手(東北楽天ゴールデンイーグルス)

 ここにMLBとNPBの最大の違いがある。
 その違いは、ポスティング・システムの交渉だけをとっても見て取れるのだ。要は、MLBがリーグビジネスのもと、チームビジネスが行われているのに対し、NPBにはリーグビジネスがほとんどなく、チームビジネスだけに頼っている。だから今回の新システムについても、12球団のうち、”超大物”(くどいようですが、24勝0敗デス)を抱える楽天野球団だけが反対し、他の11球団は賛成してしまうのである。誤解しないで欲しいのだが、別にこのシステムが反対すべき内容だと言っているのではない。損をする当事者だけが反対し、それ以外が賛成し、NPBとしてのリーグビジネスにとってこの新システムがどうなのかという視点が、まったく欠落しているとしか思えないと言っているのである。

 チームビジネスとは、各球団が手掛けるチケット販売、スポンサー収入、グッズやスタジアム内の飲食物の収入、放映権料などがあり、球団ごとに事情は異なるものの、NPBの各球団、とりわけ地域密着に成功したパ・リーグの球団がとくに力を入れ、ビジネスの規模を拡大してきた分野である。そしてリーグビジネスとは、日本においては日本シリーズやオールスターゲームの収益に限られ、それ以外の収入はほとんどない。日本代表を”侍JAPAN”と銘打っているのも、新たなリーグビジネスの一環なのだが、その規模はいかんせん、まだ小さい。

 一方、MLBのチームビジネスは、規模が違う球団こそあれ、そのスタイルは日本とそんなに違いはない。しかしリーグビジネスの規模、スタイルは日本のそれとはまったく異なっている。MLBのリーグビジネスは、いくつかの子会社にとって展開されているのだが、特筆すべきはインターネットビジネスを手掛ける部門である。15年前にはゼロだったこのビジネスを、MLBは未公表ながら5億ドルを越えるところまで成長させたのだという。インターネットは、球場に足を運べない球場外のファンを対象としている。球場外とはつまり、対象は世界中だ。
 たとえば、年間に109ドル99セント(約1万1000円)を支払えば、世界中どこにいてもMLBの全試合をインターネットで観戦できる。そのプラットフォームはパソコン、スマートフォン、ゲーム機に至るまで幅広い。思えばその昔、MLBの地元チームの試合のテレビ放送は、地元では行われていなかった。テレビで放送されてしまっては、球場へ足を運ぶファンが減ってしまうと危惧されていたからだ。しかし現在では地元チームの試合は、地元で全試合、放送されている。もちろん球場への動員数に悪影響は及ぼしていない。その一方でMLBの全試合を視聴できるインターネットのMLB.TVでは、現在でも地元でのネット観戦をブロックしている。これは、現時点での球場へ足を運ぶファン、テレビを見るファン、インターネットを利用するファンのバランスを、ビジネス的な視点から見事に読み取っている成果だと言える。

 そんな巨大ビジネスを手掛ける相手と交渉して、五分に渡り合えるカードを今のNPBが持っているはずはない。WBCにしても、ポスティング・システムにしても、円満に解決したように見えて、その実、MLBのおこぼれに与っているだけの話だ。やがてはドラフト1位確実のアマチュア選手も直接、メジャーに行くのが当たり前になり、NPBがMLBのマイナー化していくのは目に見えている。極端な話、MLBが日本の独立リーグや韓国、台湾のプロ野球チームを母体に極東地区を発足させ、その優勝チームをプレーオフに参加させることだって、ないとは言えない話なのだ。もはやNPBは、「楽天さん、お気の毒さま」などと、呑気に構えている場合ではないのである。 

(文・石田 雄太)

このページのトップへ


【関連記事】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第7回 開幕ダッシュ失敗のヤンキース!次なる手を探れ!【MLBコラム】
第5回 クジ11連敗のオリックスが取るべき戦略は「野手1位」。その理由とは?【知って得するドラフト豆知識!】
第4回 【ドラフト1位選手の現在地】期待通りの結果を残しているドラ1選手を一挙紹介!【知って得するドラフト豆知識!】
第2回 最もプロへ人材を送り込んでいる大学はどこだ!【知って得するドラフト豆知識!】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】

コラム