欧州野球紀行

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第2回 韓国の高校野球事情 【韓国野球が熱い理由】2013年07月27日

【目次】
[1]高校野球ブームに火をつけた在日韓国人
[2]少数エリート主義の高校野球
[3]高校野球のマイナーリーグ化

少数エリート主義の高校野球

 韓国の高校野球の全国大会は、韓国日報の鳳凰大旗の他にも、朝鮮日報が主催する青龍旗、東亜日報が主催する黄金獅子旗、中央日報が主催する大統領杯という全国紙が主催するソウル開催の大会に、釜山など地方都市で開催される4大会、それに韓国の国体と、9つもあった。これだけ大会が林立すると、学校の授業を受ける時間などない。しかし、運動部に対する考え方は、日本とかなり違う。
 野球に限らず運動部は、将来プロや国家代表選手として活躍するためのもので、趣味の延長で、楽しみながら活動するクラブスポーツとは一線を画している、韓国では、一度進む道を決めたら、その道を進むのに必要なことだけに専念する傾向が強い。

 K-POPスターを目指す人は、学校にはほとんど通わず、プロダクションの養成所で、歌やダンス、さらに海外進出に備え、語学レッスンに励む。
 スポーツも同様で、小学校の高学年の段階で、エリートスポーツの道を進むことを決めたら、中学では午後はほとんど授業に出ないで、高校になると、1日中授業に出ないで練習や試合に専念する。

 こうした流れを決定づけたのは、1970年代半ばに始まるいわゆる「4強制度」である。これは、全国大会でベスト4以上に進出すれば、スポーツ特待生として大学に入れるというものだ。勉強しなくても大学に入る道が開けたことで、スポーツだけに専念する傾向が強まった。今日、「4強制度」自体はなくなったが、8強などに範囲を広げるなどして、大学ごとに、慣習として残っている。

 エリート主義のため部活動をする人は限られていて、韓国の高校野球の今年の参加チームは、全部で56校しかない。
こうした少数精鋭主義のため、不正も横行する。例えば、Aという大会でベスト4やベスト8に進出した学校は、次の大会には出場しなかったり、その年まだ上位進出していない学校に、勝ちを譲ったりすることまであった。大学進学に関わる過程で、金銭が行き来するケースもあり、高校や大学の監督、親、審判などが逮捕されることも珍しくない。

 1982年にプロ野球が誕生すると、高校野球人気は下降線をたどる。人気下降の決定打となったのが、2007年に高校野球の舞台であったソウルの東大門野球場が、都市開発によって撤去されたことだ。
 東大門野球場なき後は、ソウルの西部にあり、プロ野球・ネクセンのホームグラウンドでもある木洞野球場などで開催されている。とはいえ、市の中心部に近い東大門野球場を失った打撃は大きく、観客は大幅に減少した。

【次のページ】 韓国の高校野球事情 【韓国野球が熱い理由】(3)


【関連記事】
第35回 ロッテの大型新人・井上晴哉が練習試合で本塁打!開幕5番候補に【Weekly TOP5】
第34回 デレク・ジーターが今季限りで引退【Weekly TOP5】
第3回 韓国プロ野球の今 【韓国野球が熱い理由】【アジア野球】
第1回 盛り上がる韓国のプロ野球 【韓国野球が熱い理由】 【アジア野球】

コメントを投稿する

コラム