第10回 台湾で注目の日本人投手コーチ『養父鐵』(中信兄弟) 【台湾野球シリーズ】2015年05月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]コーチ就任後のチームの変化
[2]台湾野球への思い
[3]中信兄弟 養父鐵コーチ 経歴

台湾野球に関する以下のコラムもチェック!
台湾野球の歴史を知る
台湾で注目の若手プレーヤーたち『郭 修延・賴 鴻誠』

中信兄弟 養父鐵コーチ 経歴

養父鉄コーチ

【出身】
昭和48年6月、神奈川県鎌倉市にて生まれる。7歳より逗子リトルリーグにて野球を始める。

【出身高校】
帝京三高校(山梨県)
山梨選抜チームでアメリカ遠征にて大学生を相手に7イニング、14奪三振を経験。

【出身大学】
亜細亜大学(東都大学リーグ)

【社会人】
日産自動車硬式野球部、日産自動車野球部時代にスポニチ大会優勝、都市対抗優勝を経験

~プロ野球界の歩み~
【2001年】
台湾リーグ兄弟エレファンツ入団。月間MVP3回、台湾シリーズMVP2勝2セーブ・ゴールデングローブ賞受賞・奪三振王・1試合16奪三振(台湾リーグ記録)。年間防御率2.21。

【2002年】
福岡ダイエーホークス入団。(ドラフト6位) 同期:寺原 隼人・杉内 俊哉(2014年インタビュー

【2003年~2005年】
シカゴホワイトソックス3A入団。3A時代ノーヒットノーランを達成。その後世界5カ国にて投手として活躍。

【2003年~2005年】
(ウインターリーグ)
2003年 ベネズエラ パストーラ(チームメートには現ソフトバンク・アレックス・カブレラ、現横浜DeNAベイスターズ・サラサー内野手などが所属)
2004年 メキシコ アルゴルド・ネロス・デ・ワサベ 開幕投手を経験。
2005年 ベネズエラ パストーラ 開幕投手を経験。

【2005年】
アメリカ・独立リーグ・ニューアーク・ベアーズ

【2006年】
台湾リーグ兄弟エレファンツ 開幕投手

【2007年】
アメリカにてトライアウトを受けるが契約ならず。現役引退
(※ルーツ・ベースボールアカデミー公式サイトより引用 )

現在、中信兄弟でコーチをするかたわら、自身が経営するルーツ・ベースボールアカデミーにおいて高校野球ドットコム 第242回でインタビューを受けた根鈴 雄次氏らと共に指導をしている。

(文・礒江 厚綺)

このページのトップへ


コメントを投稿する

コラム