第127回 黒田 博樹(広島)が現役続行!2015年12月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 MLBを代表する剛速球左腕・チャップマンがドジャースへ移籍!/ 4位 岩隈久志がドジャースと契約合意!
3位 前千葉ロッテのルイス・クルーズが巨人に入団!/2位 山田哲人が来季は背番号1でプレー!
1位 黒田 博樹(広島)が現役続行!

1位 黒田 博樹(広島)が現役続行!

黒田 博樹(広島)が現役続行!

 12月8日、広島東洋カープの黒田博樹投手が来季も現役続行することを表明した。

 昨年12月末に広島でプレーすることが決まり、球界を驚かせた黒田。20億のオファーを蹴って、広島に復帰した心意気に多くのファンを喜ばせた。野球人生の最後として広島で投げることを決意した黒田はそれだけ広島を愛していた、恩義を感じていたことが分かる入団であった。そんな黒田は今季11勝。Bクラスに終わったが、小さな故障を我慢しながらも投げ続ける姿は、若手選手の刺激となっていた。

 球団は来季もプレーしてもらいたい。が、黒田は悩み続けた。トップアスリートにとってプレーを続ける理由は、体以上にモチベーションも大事。自分がどうありたいのか、どんな活躍をしたいのか、その気持ちが湧き出てこない限り、満足いくパフォーマンスは難しい。黒田は今年一年は野球人生の最後と考えてプレーしていた。それを超えるものを探すのが難しいと語っていた。

 しかし球団の熱い残留オファーが黒田の心を捉えたのか、来季も続けると回答。これで現役続行が決まった。この現役続行が広くニュースになるだけで、多くの野球ファンが関心を示していたということが良く分かる。

 来季はあと7勝に迫った日米通算200勝が迫っている。黒田の性格上、その記録にはあまりこだわっていなそうだが、ぜひ広島の優勝を導くために、今年以上の活躍を見せてほしい。

<黒田 博樹選手の経歴>
上宮-広島東洋カープ(1997年-2007年)-ロサンゼルス・ドジャース(2008年-2011年)-ニューヨーク・ヤンキース(2012年-2014年)-広島東洋カープ(2015年-)

このページのトップへ


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第3回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編 「投手不足を今回のドラフトで解消できるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第5回 2015年MLB10大ストーリー【前編】「全米を沸かせたスタープレイヤーたち」【MLBコラム】
第125回 パ・リーグMVPは柳田悠岐、セ・リーグMVPは山田哲人が受賞【Weekly TOP5】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム