ウィークリートップ5

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第40回 2014年プロ野球開幕!! 注目のルーキーたちのデビュー戦をチェック!!2014年03月31日

 今週のWeekly TOP5! 今週はこの野球ネタで盛り上がれ!
 21日に始まった甲子園はベスト8まで出揃いました。プロ野球は28日に開幕。今回は開幕戦から活躍する新人たちを振り返りました。3/24~3/30のニュースをチェック!

【目次】
5位 身長216センチのルーク・ファンミルが東北楽天の支配下登録選手に! /4位 大谷翔平が史上初の高卒新人2年連続開幕戦複数安打!
3位 東北楽天の塩見貴洋が2年ぶりの勝利!/2位 明徳義塾が智弁和歌山と熱戦!15回を制し、サヨナラ!
1位 2014年プロ野球開幕!! 注目のルーキーたちのデビュー戦をチェック!!

5位 身長216センチのルーク・ファンミルが東北楽天の支配下登録選手に!

身長216センチのルーク・ファンミルが東北楽天の支配下登録選手に!

 3月25日(火)、東北楽天はルーク・ファンミル投手と支配下選手としての契約を結んだことを発表した。身長216センチの長身投手として話題となった投手がいよいよデビューする。

 ファンミルはオランダ出身で、昨年までMLBのマイナー生活が中心で、MLB昇格は一度もない。ファンミルが注目を浴びたのは昨年のWBCだ。216センチから投げ込む姿が日本のファンを驚かせた。そのファンミルに目を付けたのが東北楽天で、春季キャンプにテスト生として参加。首脳陣へのアピールを成功させ、育成選手として契約を結んだ。オープン戦でも好投し、支配下登録を勝ち取った。

 ファンミルの武器はなんといっても216センチの身長だ。野球において身長が高いことは大きな武器になる。傾斜のあるマウンド。投手がリリースする角度が高ければ、打者は顎が上がる状態になる。それにより右打者は左肩が上がり、右肩が下がる状態になる。そうなるとバットが下から出やすくなり、振り遅れになりやすい。さらに球の速度が速ければ、空振りの確率が高まるので、長身投手は有利なのである。

 そして球のスピードも140キロ台後半を計測しており、なかなか速い。ファンミルの角度あるストレートは大きな脅威になるはずだ。ただ角度があれば通用するほどNPBは甘くない。打てないならば、別の方法で崩しにかかる。長身投手は横の動きが苦手なので、フィールディングは上手くない。ファンミルも横の揺さぶりを苦手にしていそうで、バントで左右に動き回されると、苦労しそうな印象を受けた。日本野球のきめ細かな攻撃に耐えられる技術が備えられるかが日本での成功の鍵になるのではないだろうか。

<ルークファンミル投手の経歴>
エラスムス大、オランダHCAW、ミネソタ・ツインズ 、ロサンゼルス・エンゼルス、クリーブランド・インディアンス、シンシナティ・レッズ

4位 大谷翔平が史上初の高卒新人2年連続開幕戦複数安打!

大谷翔平が史上初の高卒新人2年連続開幕戦複数安打!

 3月28日(金)、オリックスとの開幕戦で3番ライトとして出場した大谷 翔平選手は2安打を放つ活躍を見せた。高卒新人の2年続けての複数安打は史上初の記録である。

 今年も二刀流で開幕をした大谷 翔平。今年の大谷は投手優先のはずであった。投手優先の調整を行い、野手としての練習も去年より割合を少なくしたようだ。だが大谷はオープン戦から野手として結果を残す。特に3月4日、巨人とのオープン戦で宮國 椋丞から放った左中間への本塁打は見事だった。それからも野手として結果を残した。投手として投げない時は野手としての出場が続き、開幕スタメンをゲットした。投手としても3月8日には藤浪 晋太郎と投げ合い勝利投手に。オープン戦最後の登板となった3月22日の巨人戦では最速157キロを計測し、順調な仕上がりを見せていた。

 迎えた開幕戦はオリックス。先発は金子 千尋である。大谷は第3打席、初球のスライダーを捉え、右中間を破る二塁打。これが今シーズン初ヒットとなった。そして第4打席は7回裏、二死三塁でまわってきた。これも初球だった。高めに入った直球を逃さずに左中間フェンス直撃の二塁打。高卒新人として初の2年連続開幕戦マルチヒットを記録した。

 30日のオリックス戦は第1打席に犠飛を放つと、第2打席はフォークを捉えて二塁打。第3打席は比嘉 幹貴から左前安打、さらに第4打席には左腕の海田 智之から左前安打を放ち、プロ入り初の猛打賞を記録した。開幕3試合で打率.357の大当たりである。打者として素晴らしいスタートを切ったといっていいだろう。

 投手・大谷の初登板は4月3日の福岡ソフトバンクホークス戦に予定されている。開幕3連勝と勢いに乗っており、打線の破壊力はパリーグトップクラスの福岡ソフトバンク。開幕早々、ハードな相手に投げることになるが、この試合で勝てれば、大きな自信となるはず。今年は投打にわたって主力選手として活躍出来るんだなと思わせる投球を見せてほしい。

大谷 翔平選手の経歴>
花巻東高、北海道日本ハムファイターズ
ドラフト1位指名

1年目の成績 3勝0敗 防御率4.23(投手)
本塁打3  打点20 打率.238(打者)

第84回選抜高等学校野球大会出場
第93回全国高等学校選手権大会出場

【次のページ】 3位 東北楽天の塩見貴洋が2年ぶりの勝利!/2位 明徳義塾が智弁和歌山と熱戦!15回を制し、サヨナラ!


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第8回 【侍ジャパン強化試合】日本vsメキシコ「前夜から一転、メキシコに大勝!立役者は、大谷翔平」【侍ジャパン 世界一への道】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「即戦力投手の誘惑を断ち切ることができるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
塩見 貴洋(帝京第五) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム