ウィークリートップ5

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第48回 プロ野球16球団構想が浮上!2014年05月26日

 今週のWeekly TOP5! 今週はこの野球ネタで盛り上がれ!
 5月20日から交流戦が開幕!この交流戦で、上昇のきっかけをつかむのはどの球団か?また野球ファンが思わず議論したくなるようなニュースがありました。ピックアップした5/19~5/25の5つのニュースをチェック!
※成績は5月25日現在の成績です。

【目次】
5位 ソフトバンクのクローザー・サファテが12球団セーブ達成 /4位 ブレーブスのキンブレルが史上最年少の25歳355日で150セーブ達成
3位 横浜DeNAが井納翔一がチーム初完封となるセリーグトップタイの7勝!/2位 松坂、成瀬などを育てた横浜高の小倉コーチがこの夏限りで退任
1位 プロ野球16球団構想が浮上!

5位 ソフトバンクのクローザー・サファテが12球団セーブ達成

ソフトバンクのクローザー・サファテが12球団セーブ達成

  5月20日(火)、福岡ソフトバンクホークスのサファテ投手が広島東洋カープ戦の9回に登板。3人でぴしゃりと抑え、プロ野球史上3人目の12球団セーブを達成した。

 広島時代は2011年に35セーブ、埼玉西武に移籍した2013年はセットアッパーとして9勝、防御率1.87の成績を残したサファテの加入は、ソフトバンクにとって、とても心強い。

 サファテは150キロを超えるストレートと140キロ近いフォークのコンビネーションで勝負する投手。追い込むまでストレートを両サイドへテンポ良く投げこんで、追い込んでからフォークで落として、三振を量産する。

 サファテを見ていて面白いのは、外国人と対戦するとさらにギアを入れて、常時150キロ台のストレートで圧倒すること。12球団セーブを達成した翌日の広島東洋カープ戦では3者連続空振り三振を奪った。

 特にエルドレッド、キラに対しては150キロ台のストレートで三振。外国人打者に対してギアを入れるところはさすがである。サファテは24試合に登板して、1勝0敗16セーブ。自責点は僅か1点。被安打率.196、奪三振13.96と圧倒的な成績を誇っている。福岡ソフトバンクホークスの最多セーブは2007年の馬原 孝浩以来遠ざかっているが、ぜひタイトル獲得を目指してほしい。

デニス・サファテ投手の経歴
アリゾナ州大~ブルワーズ~アストロズ~オリオールズ~広島(2011年~2012年)~西武(2013年)-福岡ソフトバンクホークス(2014年-)

4位 ブレーブスのキンブレルが史上最年少の25歳355日で150セーブ達成

ブレーブスのキンブレルが史上最年少の25歳355日で150セーブ達成

 日本時間5月19日(現地時間5月18日)、アトランタブレーブスのクレイグ・キンブレル投手がセントルイス・カージナルス戦でメジャー通算150セーブを達成した。

 今、MLBで最も勢いに乗るクローザーである。キンブレルはMLB1年目の2010年、21試合を投げて、防御率0.44、奪三振率17.82と鮮烈デビューを飾った。さらに2011年には79試合を投げて46セーブを挙げ、最多セーブを獲得。2012年は42セーブ、2013年には50セーブを挙げ、3年連続ナショナルリーグセーブ王を獲得した。ちなみに田中 将大独占インタビュー 2013年03月02日公開)と同世代の投手で、3年連続最優秀防御率を獲得したクレイトン・カーショウとも同い年。この世代には日本だけではなく、世界にもトップクラスの逸材がいる。

 キンブレルの大きな武器は、160キロ近いストレートと140キロ近いカーブである。ベース上でも全く勢いが落ちない150キロ台のストレートがベースのぎりぎりに決まり、そして鋭く曲がるカーブで奪三振を量産する。ストレートとカーブのコンビネーションが絶妙で、227.1回を投げて382奪三振、奪三振率15.13と驚異的な数字を誇っている。

 今季も順調にセーブ数を積み重ねており、5月20日に通算150セーブを達成した後、その後も2セーブを挙げ、今季13セーブを記録している。現在トップの、17セーブを挙げているフランシスコ・ロドリゲス(ブリュワーズ)を追っているが、セーブを挙げるにはブレーブスが9回までリードしているのが絶対条件。今まで以上にその場面が訪れるか注目していきたい。

<クレイグ・キンブレル投手の昨年までの成績>
通算231試合 15勝7敗139セーブ2ホールド 防御率1.39

このページのトップへ

【次のページ】 3位 横浜DeNAが井納翔一がチーム初完封となるセリーグトップタイの7勝!/2位 松坂、成瀬などを育てた横浜高の小倉コーチがこの夏限りで退任


【関連記事】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第121回 福岡ソフトバンクホークスが2年連続で日本一【Weekly TOP5】
第120回 高橋由伸選手が現役引退し、巨人の監督に就任!【Weekly TOP5】
第119回 金本知憲氏が阪神監督就任を受諾!【Weekly TOP5】
第3回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
木更津総合 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラム