第85回 新入団の黒田博樹がチームに合流!2015年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 カラバイヨがオリックスに復帰 /4位 横浜DeNA・倉本寿彦が2点適時打デビュー!
3位 抑え候補の松井裕樹が2回3奪三振の好投 /2位 高橋光成が最速152キロデビュー!
1位 新入団の黒田博樹がチームに合流!

 今週のWeekly TOP5!
 キャンプも打ち上げたチームもあり、オープン戦が開幕!新戦力、また新たなポジションで活躍する選手をピックアップしました。2/16~2/22の中から選んだ5つのニュースをチェック!

※NPBの選手成績はシーズン終了後の成績です。

5位 カラバイヨがオリックスに復帰

カラバイヨがオリックスに復帰

 2月16日(月)、オリックスは入団テストを行っていたフランシスコ・カラバイヨ選手の獲得を発表。

 BCでのパフォーマンスは、圧巻だった。2013年は打率.366、24本塁打、63打点。2014年は打率.396、33本塁打、87打点で三冠王を獲得。ちなみに2014年は63試合出場で、33本塁打。2試合に1本の確率で打っているのである。選手の成長は、レベルの高い環境でプレーすることも不可欠といわれる。カラバイヨにとってはさらに高みを目指すには、またとないタイミングだった。

 2010年、2011年に2シーズン在籍していたオリックスでテストを受けることとなった。カラバイヨが守るポジションは一塁手。しかし一塁はDeNAから移籍したトニー・ブランコがいる。彼との争いになるが、ブランコは昨年、故障がちで、85試合にとどまった。今年も、1シーズンフルで戦える見通しは立てるとは限らない。そのリザーブとしてカラバイヨを獲得したのであろう。

 カラバイヨにとっては、来年以降もNPBでプレーするには、勝負の1年になるだろう。与えられたチャンスのなかで、存在感を示していきたい。

<フランシスコ・カラバイヨ選手の経歴>
ウースター・トルネードズ (2008年)-高知ファイティングドッグス (2009年)-群馬ダイヤモンドペガサス (2010年)-オリックス・バファローズ (2010 年-2011年)-ニュージャージー・ジャッカルズ (2012年)-群馬ダイヤモンドペガサス (2013年-2014年)-オリックス・バファローズ (2015年-)

4位 横浜DeNA・倉本寿彦が2点適時打デビュー! 

 2月21日(土)、横浜DeNAのルーキー・倉本寿彦選手が阪神の藤浪晋太郎投手から2点適時打を放ち、上々のデビューを飾った。

横浜DeNA・倉本寿彦が2点適時打デビュー!

 横浜期待の即戦力内野手・倉本寿彦。かつては横浜高の遊撃手として、春夏甲子園出場を果たしているが、決して目立った存在ではなかった。創価大に進学し、攻守ともに成長を果たし、ドラフト候補と注目されたが、指名は無く日本新薬へ。そこまでは攻守そつなくこなす遊撃手だった。

 転機が訪れたのは日本新薬の2年目。かつて門田博光氏の指導を受けた。テーマは「強く振る」ことだった。そこから倉本は強打のスタイルに根差すことに。守備を重視した遊撃手だったが、プロを目指すために、自分の色を変えて、打撃を強化したのだ。

 その取り組みは功を奏し、都市対抗で活躍を見せ、日本代表入り。そこでも、打撃面で存在感を示し、1年通して活躍。また守備力はさらに磨きがかかり、走攻守三拍子揃った遊撃手として注目される存在となった。

 横浜DeNAの遊撃手には、倉本のような強打者は少ない。山崎からレギュラーの座を奪い取るか。または山崎がさらに攻守に磨きをかけていくか。2人が交互して伸びていけば、横浜の遊撃手争いはまた熾烈なものとなっていくだろう。野球はセンターラインが良い選手が多ければ、伸びやすい。競争の激しさから、チームが伸びていけば、横浜DeNAにとっても大きい。1年目から即戦力級として活躍することをファンは願っている。

<倉本寿彦選手の経歴>
横浜-創価大-日本新薬-横浜DeNAベイスターズ(2015年-)

このページのトップへ

【次のページ】 3位 抑え候補の松井裕樹が2回3奪三振の好投 /2位 高橋光成が最速152キロデビュー!


【関連記事】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
上宮 【高校別データ】
希望ヶ丘・横浜緑園 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
瀬谷西・藤沢総合・横浜旭陵・横浜緑園 【高校別データ】
田奈・釜利谷・永谷・横浜明朋・横須賀南 【高校別データ】
田奈・釜利谷・永谷・横浜明朋・横須賀南・海洋科学 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜桜陽 【高校別データ】
横浜旭陵 【高校別データ】
横浜栄 【高校別データ】
横浜翠嵐 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜立野 【高校別データ】
横浜南陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜平沼 【高校別データ】
横浜緑ケ丘 【高校別データ】
横浜緑園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜学園 【高校別データ】
横浜サイエンスフロンティア 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜翠陵 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
横浜明朋 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム