第85回 新入団の黒田博樹がチームに合流!2015年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 カラバイヨがオリックスに復帰 /4位 横浜DeNA・倉本寿彦が2点適時打デビュー!
3位 抑え候補の松井裕樹が2回3奪三振の好投 /2位 高橋光成が最速152キロデビュー!
1位 新入団の黒田博樹がチームに合流!

3位 抑え候補の松井裕樹が2回3奪三振の好投 

抑え候補の松井裕樹が2回3奪三振の好投

 2月21日(土)、今季から抑えに挑戦する東北楽天の松井 裕樹投手が北海道日本ハムとのオープン戦に登板し、2回3奪三振の好投を見せた。

 松井 裕樹のすごさは高卒1年目から常時140キロ後半の速球が投げられ、空振りを奪える縦の変化球がしっかりと投げられる完成度の高さを持っていること。だが必ずしもプロの先発投手として定着できるとか限らないのがこの世界の厳しさ。100球投げたところで、球威が落ちるのは投手としてはよくある傾向だが、松井の場合、5回~6回前後に到達してしまい、そこからコントロール、球威が落ちて、痛打を浴びて降板するパターンが多かった。

 まだプロ1年目。ローテーションをしっかりと投げきるのは稀であり、松井が残した1年目の実績は素晴らしいものだ。今年も先発を目指すのであれば、7回~8回まで試合を作れる投手になれるか。まだ20歳、1年ずつ先発投手として成長することができればと考えるが、大久保監督は中継ぎの適性として最大限に評価して、セットアッパーで投げさせることを起用することを決めたのだ。

 松井は、昨年、116回を投げて、126奪三振。三振が奪える投手であり、1イニング目の投球は素晴らしく、制球の乱れもほとんどない。球数、イニングを投げることを考えずに、全力投球することを専念すれば、強力な中継ぎになる可能性は十分に秘めている。さらに松井は被本塁打が2本。本塁打も打たれづらい。先発投手として台頭するのを待つより、松井の適性を考えて起用したほうが、チームとして見返りが大きいのは確かである。

 今年のクローザーは、昨年まで、広島東洋カープに在籍していたキャム・ミコライオになる可能性が高く、松井裕はしっかりとポジションを確約すれば、8回に任されることになるだろう。高卒2年目で絶対的な中継ぎ投手に成長すれば、チームにとっても、松井裕にとっても大きいだろう。驚異的な奪三振率を稼ぎ出す投手になれるか注目をしていきたい。

松井 裕樹投手の球歴>
桐光学園-東北楽天ゴールデンイーグルス
2012年夏 第94回高校野球選手権出場  1回戦 桐光学園対今治西 大会記録更新!! 松井 裕樹圧巻の22奪三振!!
第26回18U世界野球選手権出場

2位 高橋光成が最速152キロデビュー!

 2月18日(水)、阪神との練習試合に登板した埼玉西武ドラフト1位の髙橋 光成投手が先発登板。1回を投げて無失点。この時期としては異例な最速152キロをマークして、首脳陣を驚かす活躍を見せた。

高橋光成が最速152キロデビュー!

 春の時期で、スピードが出る投手は、冬の間にトレーニングをしっかりと行い、技術的に大きなポイントを掴んだ証拠である。高橋光成は、高校野球を終えて、キャンプの間、弛まずに練習をしてきたのが、この練習試合の内容から伺えるのではないだろうか。

 高橋光は高校2年からフォームを変えた。今までは捕手方向に向かって、真っ直ぐグラブを伸ばして、打者寄りでリリース。しっかりとコントロールをしながら投球を組み立てていたが、高校3年からグラブを高く掲げて、真っ向から振り下ろすフォームとなった。いわゆる角度を意識している。

 さらにプレートをしっかりと押さえ付けてから、軸足を強く蹴り上げるようになったことで、ストレートも威力が伸び、まだ細さが見えた高校2年の時に比べて、がっしりと逞しくなった。着実にレベルアップを果たしていたのだ。

 今年1年はプロで通用する土台作りだろう。だが、ここまで予想以上に速い成長は見せているので、周囲を驚かす成績を残すかもしれない。思えば、甲子園優勝した時も、あっという間に駆け上がった印象がある。今年1年、どんなパフォーマンスを見せるのだろうか。

髙橋 光成投手の経歴>
前橋育英-埼玉西武ライオンズ(2015年-)
【関連記事】
前橋育英高等学校 高橋 光成選手  2014年08月29日公開
【侍ジャパン18U代表】前橋育英高等学校 高橋 光成選手 2014年08月30日

このページのトップへ

【次のページ】 1位 新入団の黒田博樹がチームに合流!


【関連記事】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
上宮 【高校別データ】
希望ヶ丘・横浜緑園 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
瀬谷西・藤沢総合・横浜旭陵・横浜緑園 【高校別データ】
田奈・釜利谷・永谷・横浜明朋・横須賀南 【高校別データ】
田奈・釜利谷・永谷・横浜明朋・横須賀南・海洋科学 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜桜陽 【高校別データ】
横浜旭陵 【高校別データ】
横浜栄 【高校別データ】
横浜翠嵐 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜立野 【高校別データ】
横浜南陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜平沼 【高校別データ】
横浜緑ケ丘 【高校別データ】
横浜緑園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜学園 【高校別データ】
横浜サイエンスフロンティア 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜翠陵 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
横浜明朋 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム