第85回 新入団の黒田博樹がチームに合流!2015年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 カラバイヨがオリックスに復帰 /4位 横浜DeNA・倉本寿彦が2点適時打デビュー!
3位 抑え候補の松井裕樹が2回3奪三振の好投 /2位 高橋光成が最速152キロデビュー!
1位 新入団の黒田博樹がチームに合流!

1位 新入団の黒田博樹がチームに合流!

黒田博樹がチーム合流!

 2月18日(水)、今季から入団する広島東洋カープの黒田博樹投手が、キャンプ地の沖縄へ合流した。

 黒田がMLB7年間で得てきたものは非常に大きかった。16日に行われた記者会見では、
「メジャーのマウンドは苦しかったです」と語る。過酷な移動、言葉の違い、中4日で投げなければならないハードさ。またドジャース、ヤンキースとMLBを代表する名門チームのローテーションとして結果を出し続けなければならないプレッシャーと黒田は様々なモノに戦いながらの7年間だった。

 その黒田も40歳。技術、気力、体力において戻れるのは今しかなかった。キャンプインするまで、黒田はアメリカで自主トレを行い、着実に仕上げてきた。若手投手はこの時期は必死にアピールする時期だが、黒田は開幕に合わせて調整を行っている。

 様々な経験をした黒田にいろいろ吸収をしたい若手投手は非常に多い。黒田自身もいろいろ手助けしたいと語っており、黒田の経験がどれだけカープに還元されるか。2年連続Aクラス入りを果たし、上り調子のカープに、現役MLBリーガーの黒田が復帰したのは、非常に流れが良い。水を得た魚のように、伸びる可能性はあるのではないだろうか。

 キャンプに合流した18日から黒田を見ようとキャンプ地ではファンが大集結。年間指定席も完売し、黒田の入団はカープにとって大きな影響を与えている、黒田とともに今季のカープはどんな1年を歩んでいくのか。見逃せない。

<黒田 博樹選手の経歴>
上宮-広島東洋カープ(1997年-2007年)-ロサンゼルス・ドジャース(2008年-2011年)-ニューヨーク・ヤンキース(2012年-2014年)-広島東洋カープ(2015年-)

このページのトップへ


【関連記事】
第11回 【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ「黒田博樹の引退で投手補強が急務に!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第7回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ「来季、優勝を目指すにはどんな選手を指名するべきか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第5回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(後編) いい社会を作る「日本野球」として【侍ジャパン 世界一への道】
第4回 野村 謙二郎氏が語る「世界野球の奥深さ」(前編) 日本と世界のスタイルの違い【侍ジャパン 世界一への道】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
上宮 【高校別データ】
希望ヶ丘・横浜緑園 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
瀬谷西・藤沢総合・横浜旭陵・横浜緑園 【高校別データ】
田奈・釜利谷・永谷・横浜明朋・横須賀南 【高校別データ】
田奈・釜利谷・永谷・横浜明朋・横須賀南・海洋科学 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜桜陽 【高校別データ】
横浜旭陵 【高校別データ】
横浜栄 【高校別データ】
横浜翠嵐 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜立野 【高校別データ】
横浜南陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜平沼 【高校別データ】
横浜緑ケ丘 【高校別データ】
横浜緑園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜学園 【高校別データ】
横浜サイエンスフロンティア 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜翠陵 【高校別データ】
横浜創学館 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
横浜明朋 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム