第104回 セ・リーグ史上初の全チーム借金!2015年07月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 楽天・阿部俊人が8連敗を止めるサヨナラ安打 / 4位 鈴木尚広(巨人)が19年目にして初のオールスター選出 
3位 上原浩治がMLB通算80セーブ目/2位 菊池雄星(埼玉西武)が5勝目!5試合連続被安打3以下!
1位 セ・リーグ史上初の全チーム借金!

1位 セ・リーグ史上初の全チーム借金!

セ・リーグ史上初の全チーム借金!

  7月3日、セ・リーグ首位の阪神が横浜DeNAにサヨナラ負けし、借金1。1日間だけだが、史上初の全チーム借金という異例な事態となった。

  今回、こういうきっかけになったのは交流戦の影響が大きい。パ・リーグ61勝に対し、セ・リーグは44敗と17の負け越し。ただこれまでも、セ・リーグが大きく負け越すはあっても、セ・リーグの首位チームはしっかりと貯金があった。こうなったのは、交流戦が始まるまで1位だったDeNA、2位の巨人が失速したことだろう。DeNAは貯金10もあったが、交流戦は3勝11敗3引き分けと貯金をすべて吐き出した。そして巨人も、横浜DeNAが失速しているときこそ、追い抜くチャンスであったが、同じように失速し、7勝11敗と負け越しに終わり、7試合連続勝ち越しなしという異例な事態により、借金生活を迎えた。

 同一リーグの対戦がない交流戦により、こういうケースも考えられるということだろう。結果的にどの球団も優勝の可能性がある年となっている。ゲーム差が少ない接戦の年になったのは歓迎すべきだが、だがパ・リーグに大きな差をつけられた年。セ・リーグにとっては屈辱的な1年になっただろう。特に個人のパフォーマンスでは、パ・リーグの選手が目立つ中、セ・リーグの選手がどこまでインパクトある活躍を見せて、セ・リーグを盛り上げることができるか。

 その中で、リーグとして激しさが増して、例年以上の白熱とした優勝争いを見せることを期待したい。

このページのトップへ


【関連記事】
第9回 【侍ジャパン強化試合】日本vsオランダ「世界水準のクリーンナップと、やや物足りない投手陣」【侍ジャパン 世界一への道】
第10回 【小関順二のドラフト指名予想】東京ヤクルトスワローズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第6回 【小関順二のドラフト指名予想】埼玉西武ライオンズ編【プロ12球団ドラフト分析2015】
第13回 失点少ない巨人とソフトバンク。その理由はどこに? ——2015年は野球観戦を数字で楽しむ[失点編]【データから見る野球の楽しみ方】
第96回 横浜DeNAの山崎康晃が新人記録となる9試合連続セーブ!【Weekly TOP5】
菊池 雄星(花巻東) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム