第114回 秋山翔吾(埼玉西武)が史上6人目の200本安打を達成!2015年09月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
ウィークリートップ5

【目次】
5位 オリックス・東明大貴がプロ初の10勝&完封/ 4位 松井裕樹(東北楽天)が高卒2年目最多の28セーブ
3位 オルティス(レッドソックス)がMLB史上27人目の通算500号/2位 小笠原道大(中日)が現役引退を表明
1位 秋山翔吾(埼玉西武)が史上6人目の200本安打を達成!

 今週のWeekly TOP5!シーズンもいよいよ大詰め。ここにきて快挙を達成したり、現役引退を決めた大選手も...。9月7日~9月13日の1週間を振り返っていきます。
※NPBの選手成績は9月13日(日)までの成績です。

5位 オリックス・東明大貴がプロ初の10勝&完封

オリックス・東明大貴がプロ初の10勝&完封

9月9日、オリックスバファローズの東明大貴投手が埼玉西武戦でプロ初の10勝&完封を達成した。

富士重工業入りからオリックス入りした東明。140キロ後半の速球、フォーク、スライダーをコンビネーションにする好投手であり、1年目から即戦力としての活躍を期待された。1年目は26試合に先発して、5勝7敗、防御率3.79と及第点といえる成績を残したとはいえ、本人にとっては満足いく内容ではなかった。だが2年目は先発ローテーション入り。5月終わった時点では、1勝3敗と負け越していたが、6月には1勝1敗と何とか踏みとどまると、7月には3勝1敗と初めて勝ち越し、8月には3勝0敗と負けなし。9月もここまで2連勝で10勝目に到達した。7月以降の成績が素晴らしく、8月は防御率1.55と安定した成績を残していた。

 そして9月に入ってもまだ負けなしで9日の埼玉西武戦では安定感抜群の投球を披露。強力な埼玉西武打線をわずか2安打。さらに四死球も1つに抑え、完封勝利を挙げたのだ。

 1989年生まれといえば、菅野 智之(巨人)や、野村 祐輔(広島)などの名前が挙がるが、それに負けない実績を残し始めた東明。さらに勝ち星を増やしていくことを期待したい。

<東明 大貴投手の経歴>
富田高-桐蔭横浜大-富士重工-オリックス・バファローズ(2014年-)

4位 松井裕樹(東北楽天)が高卒2年目最多の28セーブ

9月9日(水)、東北楽天の松井 裕樹投手が高卒2年目としては最多となる28セーブを挙げた。

松井裕樹(東北楽天)が高卒2年目最多の28セーブ

 驚異的な奪三振ペースを見せながらセーブ数もしっかりと積み上げる松井 裕樹。13日まで54試合を投げ、防御率0.86と驚異的な安定感を誇る。まだ高卒2年目で、リーグトップクラスの実績を築いているのだから恐れ入るばかり。多くの投手が先発で投げることを理想にする。だが試合を見れば、9回を無失点に抑えるのがどれだけ難しいことなのか、実感するはず。淡々と仕事をこなす松井裕の凄味が分かるはずだ。 ここ最近はクローザーの仕事の価値は高まってきているが、松井 裕樹の場合、このままクローザーでいくのならば、20代で、多くのセーブ記録を作ってほしい。

 それこそ、今の球速、変化球のキレ味を維持して、さらにレベルアップを遂げれば、国際大会で投げるチャンスも広がるだろう。プレミア12の代表候補にも名を連ねている松井裕。大谷翔平が驚異的なパフォーマンスを見せて、MLB入りが囁かれているが、松井裕も、このまま今のパフォーマンスを続けていければ、MLB入りとささやかれる時が来るかもしれない。

 これからの数年間、日本球界屈指のクローザーに成り上がっていくか、注目だ。

松井 裕樹投手の球歴>
桐光学園-東北楽天ゴールデンイーグルス
2012年夏 第94回高校野球選手権出場  1回戦 桐光学園対今治西 大会記録更新!! 松井 裕樹圧巻の22奪三振!!
第26回18U世界野球選手権出場

このページのトップへ

【次のページ】 3位 3位 オルティス(レッドソックス)がMLB史上27人目の通算500号/2位 小笠原道大(中日)が現役引退を表明 


【関連記事】
第12回 【小関順二のドラフト指名予想】北海道日本ハムファイターズ「最もドラフト上手な日ハム 今年は高校生主体か?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第6回 【小関順二のドラフト指名予想】埼玉西武ライオンズ編 「西武黎明期の根本流を再現するには?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第4回 【小関順二のドラフト指名予想】東北楽天ゴールデンイーグルス編 「今年はスケール重視で指名するべき!」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第2回 【小関順二のドラフト指名予想】オリックス・バファローズ編 「最下位脱出は全体の底上げが課題」【プロ12球団ドラフト分析2016】
第1回 【小関順二のドラフト指名予想】中日ドラゴンズ編 「即戦力投手の誘惑を断ち切ることができるか?」【プロ12球団ドラフト分析2016】
秋山 翔吾(横浜創学館) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。

コメントを投稿する

コラム